生理前の肌荒れが悪化…。豆乳の効果は?

豆乳ってヘルシーなイメージが強く、乙女心をくすぐるキーワードですよね。女性ホルモンに対してのイソフラボンの作用もあることから、女子には大人気の豆乳。生理前の肌荒れに豆乳は効果があるのか?豆乳は本当にヘルシーで害はないのか?ここまで豆乳がブームになった理由とは。本日は豆乳についてのお話です♪

豆乳は生理前の肌荒れに効果的か?

豆乳がヘルシーといわれる理由の一つには、豆乳に含まれている大豆イソフラボンの効果があげられます。大豆イソフラボンは女性ホルモンと類似した作用があり、植物性エストロゲンともいわれています。豆乳に含まれるイソフラボンは乳がん・子宮がん・骨粗しょう症の予防にも効果的とされています。更年期になると骨からカルシウムの流出を抑えていたエストロゲンの働きが弱まるので骨がもろくなりやすいですが、豆乳などに含まれるイソフラボンはカルシウムの流出を抑えてくれる働きがあるので骨が弱まるのを予防してくれます。

このように豆乳に含まれるイソフラボンはエストロゲンに類似の作用をすることで性ホルモンを整える作用があります。

生理前の肌荒れはホルモンバランスの乱れが原因の一つであるため、豆乳によりホルモンバランスが改善されれば理屈の上では生理前の肌荒れに対する効果が期待できるわけです。ただし、医学的に豆乳が生理前の肌荒れに効果が認められているわけではありません。というわけでお医者さんにかかっても、肌荒れの悪化に豆乳を飲みなさい、といわれることはほとんどないでしょう。

豆乳の飲みすぎは症状を悪化させる?

牛乳の代わりとして、健康を意識して毎日豆乳を飲んでいる方もいることでしょう。しかし豆乳のとりすぎには注意が必要です。豆乳に含まれる大豆エストロゲンを摂りすぎると性ホルモンをかく乱してしまう恐れがあります。それ自体がすぐに肌荒れの悪化に直結するとは言い切れません。しかし、性ホルモンをかく乱することは様々な健康被害がもたらされる可能性があるということです。

食品安全委員会新開発食品専門調査会では、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」において、特定保健用食品としての、大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値を30mg(大豆イソフラボンアグリコン換算)としております。

特定保健用食品以外の個別の「健康食品」については評価を行っておりませんが、この考え方をご参考に過剰な摂取とならないようにご注意下さい。★食品安全委員会ホームページより引用

このように摂取制限が設けられ過剰摂取に対しての注意喚起がなされています。

そして豆乳に含まれる大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値70〜75mg/日(大豆イソフラボンアグリコン換算値)とされています。

海外での大豆イソフラボンの安全性に関する評価は

フランス食品衛生安全庁(AFFSA)では、植物エストロゲンに関する報告書(2005年3月)「食品から摂取する植物エストロゲンの安全性及び有益性−勧告」において、植物エストロゲンの摂取による健康影響(リスク)が考えられない量として、大豆イソフラボンアグリコン1㎎/kg体重/日を示しております。また、大豆たん白を主成分とする調理食品を摂取する乳幼児は、その食品中の植物エストロゲンを1㎎/lに制限すべきとし、乳がん患者及び本人又は家族に乳がんの病歴のあるヒトは、腫瘍増殖及び増大のリスクを考慮し、摂取を制限すべきとしております。

 

米国食品医薬品庁(FDA)では、大豆たん白質の摂取により、血漿LDL(low-density lipoprotein)の低下が見られた臨床試験をもとに、大豆たん白質の摂取が冠状動脈性心臓疾患のリスクを減少させる可能性があるという、健康強調表示(Health claim)を1999年に承認しております。

 

米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)では、2005年に、大豆及び大豆イソフラボンの健康影響について、心臓血管への影響、更年期障害への効果、内分泌機能への影響、がん細胞の増殖作用、骨への影響等の観点からヒト試験の報告を検討したところ、大豆たん白質、大豆から抽出されたイソフラボン類の内分泌機能、月経周期、及び骨への効果については、裏付けがないとしております。

 

その他、イタリアにおいては、2002年7月、植物エストロゲン、大豆イソフラボンを補完した食品による一日摂取量を80㎎/日を超えないようにとの勧告がだされており、イスラエルにおいては、幼児における大豆食品の消費が制限されること、及び乳児については摂取させないことが推奨されたとの情報があります。

米国心臓協会(American Heart Association)では、大豆たん白質と大豆イソフラボンに関する最近の試験報告を評価し、大豆イソフラボンについては、更年期の症状に対して低減効果は見られず、また、乳がん及び前立腺がん等の予防と治療に対する効果と安全性については確立していないこと、臨床報告の結果が乏しく、副作用の可能性もあることから、大豆イソフラボンを含む食品や錠剤の摂取は推奨できないと結論しています。これに対し、豆腐等の多くの大豆食品は、不飽和脂肪酸、食物せんい、ビタミン類、ミネラル類を多く含み、飽和脂肪酸の含有量が低いことから、動物性たん白質を、大豆食品と置き換えることは、心血管疾患や、全般的な健康に有用/有効であろうとしております。

★食品安全委員会ホームページより引用

豆乳に含まれる大豆イソフラボンの悪影響や健康への効果はまだ確立されていないわけですね。

正直、害がある可能性があるうえ効果が実証されていないのに、そこまで豆乳を摂る必要があるのか疑問です。イソフラボン自体はあくまでエストロゲンに似ているというだけであって、もともと体の中に存在するわけではないということを考えると、豆乳や大豆製品を摂りイソフラボンを摂取するのは不自然なことのように思えます。まあ、これはあくまで私の考えですが…。

成長期の子供や妊婦さんの豆乳・大豆製品の過剰摂取も心配です。現在の豆乳ブームで健康志向の強い人は豆乳を含めた大豆製品を摂りすぎている可能性があります。

日本人は醤油や味噌などの大豆製品を日ごろから調味料として摂取する傾向にあるので、あえて豆乳を飲む必要性があるのかは、疑問です。

ニキビのための豆乳なら成分無調整豆乳がおすすめ

生理前の肌荒れの悪化に対して豆乳を飲んでみたい!というのであれば、成分無調整の豆乳のほうがいいでしょう。それは糖質が少なめだからです。糖質の過剰摂取は肌荒れを悪化させるので無調整豆乳で少しでも糖質を控えた方がいいでしょう。

豆乳以外の方法で生理前に悪化する肌荒れを改善するには

豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに類似する作用をするわけですが、危険性もあるわけです。

女性ホルモンのバランスを整え生理前の肌荒れの悪化を防ぐのにイソフラボン以外の栄養素もご紹介します。

  • ビタミンEは性ホルモンのバランスを整えるのに有効です。生理に伴う諸症状に効果が期待できます。アンチエイジング作用もあり、摂取して損はないビタミンです。細胞膜に入り込み細胞膜の「さび取り」をしてくれるので、細胞レベルで美しくなるといえます!
  • コレステロールは悪いもののように考えられていますが、身体にとって不可欠です。コレステロールは女性ホルモンの材料ですから不足してしまってはホルモンのバランスはあり得ないということです。

まとめ

生理前の肌荒れの悪化に豆乳は効果があるか。理屈を考えれば豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンの作用と類似しているため、ホルモンのバランスを整えることで生理前の肌荒れの悪化を防いでくれそうです。一方でまだイソフラボンに関しては害など不明点も多く過剰摂取にならないように気を付けた方がいいでしょう。日本人は醤油や味噌などの大豆調味料でイソフラボンを日常的に摂取しているので、そこまで意識的に豆乳を摂らなくてもいいかなと個人的には思っています。皆さんはどうお考えでしょうか。

こちらの記事もおすすめです→生理前後の肌荒れ対策!女医おすすめのビタミンとは?

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪