ニキビに効く、市販の抗生物質の飲み薬はあるのか?

寒い雨の日が続く今日この頃です。さて、ニキビで皮膚科を受診すると抗生物質の飲み薬が処方されたりします。抗生物質を飲むと一時的にでもニキビ効果が期待できます。もちろん個人差は大きいですが…。そんな抗生物質の飲み薬。市販でも買うことができるのでしょうか?抗生物質の飲み薬のリスクは?女医が解説します。

ニキビに抗生物質はそもそもどうなの?

ニキビの発生する原理を考えれば、確かに抗生物質はニキビに対して効果があるはずです。実際に皮膚科学会のニキビのガイドラインでも炎症性のニキビに対して抗生物質の飲み薬は推奨されています。あくまでディフェリンゲルやベピオゲルとの併用が推奨ですが…。

ニキビの発症にはアクネ菌という細菌が深く関与しています。そのアクネ菌をやっつけてしまえばニキビが良くなるでしょうという考えのもと抗生物質の飲み薬が処方されるわけです。

ところが、ニキビの原因はアクネ菌だけではありません。皮脂の分泌量が多いことやホルモンのバランス、ストレス、食生活などが複合的に関与しています。抗生物質の飲み薬を使うのはそのニキビの原因の一つにしかアプローチしていないといえます。

抗生物質の飲み薬リスク

過去の記事でも散々書いてきましたが、抗生物質の飲み薬には様々なリスクが伴います。私が特に取り上げたいのは耐性菌の問題と腸内フローラを乱してしまうという問題です。この2つの問題は様々な抗生物質の飲み薬がある中、すべての抗生物質に言えることです。そのほか、それぞれの抗生物質の飲み薬により様々な副作用リスクがあります。アレルギーは良くありますし、肝機能障害や腎機能障害などもしばしばみられる副作用です。

まず耐性菌の問題です。細菌も賢くて、抗生物質に対して強くなってしまい、本来効くはずであった抗生物質の飲み薬が効かなくなってしまいます。その抗生物質が効かなくなった細菌を耐性菌といいます。耐性菌が増えていまい、従来の抗生物質では対応でいなくなり、新しい抗生物質が開発される。するとまた耐性菌ができて…といたちごっこになってしまうわけです。

厚生労働省も抗生物質・抗菌薬の耐性菌の問題に対して警告を発しています。

抗微生物薬適正使用の手引き 第一版より引用

抗微生物薬注1は現代の医療において重要な役割を果たしており、感染症の治癒、患者の予後の改善に大きく寄与してきた 1。その一方で、抗微生物薬には、その使用に伴う有害事象や副作用が存在することから、抗微生物薬を適切な場面で適切に使用することが求められている1。近年、そのような不適正な抗微生物薬使用に伴う有害事象として、薬剤耐性菌とそれに伴う感染症の増加が国際社会でも大きな課題の一つに挙げられるようになってきている1。不適正な抗微生物薬使用に対してこのまま何も対策が講じられなければ、2050 年には全世界で年間 1,000 万人が薬剤耐性菌により死亡することが推定されている2,3。また、1980 年代以降、新たな抗微生物薬の開発は減少する一方で、病院内を中心に新たな薬剤耐性菌の脅威が増加していること1から、抗微生物薬を適正に使用しなければ、将来的に感染症を治療する際に有効な抗菌薬が存在しないという事態になることが憂慮されている4。今の段階で限りある資源である抗菌薬を適正に使用することで上記の事態を回避することが重要であり、薬剤耐性(Antimicrobial Resistance: AMR)対策として抗微生物薬の適正使用が必要である。

2050年には1000万人の死亡…。私たちは真剣に抗生物質の適正利用について考えなくてはいけません。

次に抗生物質の飲み薬は腸内フローラを乱してしまうという問題があります。人間は細菌と共生しています。腸内には特にたくさんの細菌が生息していて、人間の生命活動には不可欠な役割を果たしています。そして腸内細菌叢、腸内フローラには様々な菌が含まれるわけですが、細菌のバランスというものがあります。抗生物質の飲み薬により、これらの必要な細菌まで殺してしまい、腸内細菌叢・腸内フローラが乱れるといった現象が起きてしまいます。腸内フローラの乱れは身体の様々な不調を引き起こし、肌の調子も悪くなります。

ニキビ治療 市販の抗生物質は…ない!

実は市販では抗生物質を購入することができません。薬事法で禁止されています。抗生物質の飲み薬には医師の処方箋が必要不可欠です。よって抗生物質の飲み薬が必要ならば必ず医療機関を受診する必要があります。抗生物質は種類がたくさんあり、医師の見極めが必要です。この見極めは素人には無理です。時にはターゲットの菌がどのような耐性を示すか?効く抗生物質の種類は何か?を見極めるために感受性検査が必要なこともあります。そして抗生物質は飲み薬の量や服用期間もとても重要です。量が少なかったり、期間が短すぎたりすると「耐性菌」ができやすくなります。このように内服量・内服期間などは医師の判断が不可欠です。特に耐性菌の問題は個人の問題ではなく公的な問題でもあります。抗生物質の飲み薬が市販で手に入ったとしたら、抗生物質の乱用が起こり大変なことになるのは容易に想像できます。

繰り返すニキビに抗生物質の飲み薬はお勧めできない

そもそも繰り返すニキビに抗生物質の内服は無意味といえるでしょう。抗生物質の飲み薬には細菌を殺すことでニキビに炎症を抑える効果があるのですが、これはニキビの原因の一つにしかアプローチできておらず、根本的な解決にはならないのです。抗生物質の飲み薬が効果的だとしたら、普段はニキビができないのだけどたまたまできてしまったとか、結婚式などのイベントを控えていて早くニキビを何とかしたいとか、そういったときでしょう。

では慢性的に繰り返すニキビに対して抗生物質の飲み薬が適していないとしたら、何が効果的なのでしょうか。

私のおすすめは栄養状態の改善です。あなたはそんなこと、当たり前と思うかもしれません。「食事には気を付けているけどニキビができるの!」と思うかもしれません。

しかし残念ながらほとんどの人は栄養失調です。ほとんどの人は、カロリーは足りているけど栄養素が足りていない質的な栄養失調です。いや、若い女性でダイエットに励んでいる人はカロリーも不足していて、本当に栄養失調だったりします。ちなみに厚生労働省のおすすめの食事は質的栄養失調のもとになります。

質的な栄養失調は身体の不調としてあらわれます。それが人によってはニキビだったり、肌荒れだったり、浮腫みだったり、疲れやすさだったり、精神的な症状だったり…。病気ではないけどなんとなく体調がすぐれないといった不定愁訴も、生活習慣病の多くも質的な栄養失調が原因の可能性があります。

ニキビを治すのに欠かせないのがたんぱく質をしっかりと補給すること、糖質制限をして炎症と糖化を抑えること、女性ホルモンの原料となる良質な脂質をしっかりと摂ること。そのほか、鉄・亜鉛、ビタミンC・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンAなどはニキビを治すのに欠かせない栄養素です。これらの栄養素が十分に補給されていなければいけません。

まとめ

抗生物質の飲み薬は市販されていません。抗生物質の飲み薬は医師の処方箋が必要です。抗生物質の効果は一時的であり、耐性菌や腸内フローラを乱すといった問題もはらんでいます。慢性的な繰り返すニキビに対しては抗生物質よりも体の内側からの治療が効果的です。

こちらの記事もおすすめです→ニキビで皮膚科にかかると処方される抗生物質の飲み薬のこと。

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪