ニキビに効果的な漢方の飲み薬は?

一般的に漢方の飲み薬は西洋医学の飲み薬に比べて副作用が少なく効き目がマイルドです。ニキビに対して抗生物質などの西洋医学的な飲み薬を飲むのには抵抗感がある人も数なくないのでしょうか。そんな方は一度漢方薬を試してみるのも手かもしれません。今回はニキビに有効な漢方の飲み薬について解説したいと思います。

漢方医学と西洋医学

日本の医師免許を持つ医師たちは基本的に「西洋医学」の医師です。最近になってようやく漢方薬の授業が少しだけ医学部でも取り入れられるようになりました。漢方の飲み薬も保険適応のものがあります。

私自身はその人の全体を見る漢方の考えに賛同しています。「病気」というのはその人の不調の現れの氷山の一角でしかないのです。西洋医学はその一角だけに一生懸命アプローチして他は見ない傾向にあります。氷山の一角だけにアプローチしても、根本が解決されないため別の不調となって現れます。

西洋医学を否定するわけではありません。西洋医学は特に急性期治療においては特に力を発揮します。ただ現状あまりにも世の中が西洋医学に傾倒しすぎていると思えるのです。

もう少し多角的な側面から病気を治療するという考えが医師たちの意識に浸透すればいいと思うのですが。医学部教育は西洋医学が中心ですから医師たちの意識が変わるのは現実的には困難でしょう。

とはいえ、そんな中、医学部の薬理学の授業の中でも「漢方」が部分的に摂り入れられてきています。私たちより前の世代の医師たちは「漢方なんて藪医者だ」と考えている方も少なくありません。漢方が医学部の授業に取り入れられた影響は大きく、私たちの世代の医師は漢方薬にあまり抵抗感がないのは医学部の授業で学んだことがあるからなのです。

私も漢方の授業で学んだことは目からうろこでした。アプローチが西洋医学と全く違うのです。多くの医師たちにとって漢方はあくまで西洋医学の補完という位置づけです。おまけみたいなもので、あまり効果を期待せずに漢方薬を処方しているのが現状でしょう。

漢方医学のニキビに対する考え方

皮膚の症状は身体の不調のサインとして考えられます。「ニキビ」として体が不調を訴えているという考えです。漢方的な診察によりそのニキビの根本的な原因を探り、原因に合うローチできる漢方薬の飲み薬が処方されます。

ニキビは皮膚の炎症なので、炎症に対する漢方の飲み薬が処方されることもありますが、おなかの不調によりニキビができているのであればおなかの漢方の飲み薬が、冷えが原因なら冷えに対する漢方薬が処方されます。

ただ、このように漢方的な診察は普通の西洋医学の医師はほとんどできません。よって漢方薬の処方を期待して普通の皮膚科にかかっても、漢方の飲み薬を処方してもらえるとは限りません。

確実に漢方の飲み薬を処方してもらうためには漢方の専門医がいるところを受診した方がいいでしょう。同じようなニキビでもその人の体質に合った漢方の処方の見極めは普通の西洋医学の医師にはできません。漢方にも特別なトレーニングが必要なのです。

ニキビに有効とされる漢方薬

まずは皮膚科のニキビのガイドラインを引用します(2017年)↓

面皰に,他の治療が無効,あるいは他の治療が実施できない状況では,荊芥連翹湯を選択肢の一つとして推奨する.黄連解毒湯,十味敗毒湯,桂枝茯苓丸については,行ってもよいが推奨はしない

炎症性皮疹に,他の治療が無効,あるいは他の治療が実施できない状況では,荊芥連翹湯,清上防風湯,十味敗毒湯を選択肢の一つとして推奨する.黄連解毒湯,温清飲,温経湯,桂枝茯苓丸については,行ってもよいが推奨はしない

ということで、あくまで西洋医学の保険治療を行ったうえで無効な場合は一部の漢方薬を推奨するといった内容になっています。

炎症性のニキビに推奨とされているのは

荊芥連翹湯,清上防風湯,十味敗毒湯の3つですね。

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

細菌の増殖を抑え炎症を抑えることで赤ニキビに効果を発揮します。そのほかアトピーや慢性鼻炎扁桃炎などにも適応があります。比較的体力があり、熱証に有効です。虚弱体質な人には向きません。

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

身体の上部を清涼にするという意味がある漢方の飲み薬です。特に顔の皮膚病に対して有効で、ニキビや赤ら顔に効果的です。特に炎症の起きている赤ニキビに有効です。比較的体力のある人(実証)向きです。冷えや虚弱な人には向いていません。

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

江戸時代の外科医、華岡青洲によって日本でつくられた漢方の飲み薬です。皮膚炎、湿疹、蕁麻疹などアレルギー性の皮膚疾患や、赤ニキビなど炎症性のニキビに効果的とされています。化膿を抑えて皮膚の赤みを取り除く作用があります。中程度の体力のある人に向くといわれています。

その他

ヨクイニン

ニキビに対して有効といわれています。ハトムギから作られている漢方薬で、皮膚のターンオーバーを正常化するといわれています。美肌に対して効果的な漢方の飲み薬で、肌のきめが気になるときや肌荒れ、いぼに対して処方されます。

加味逍遙散(カミショウサン)

ホルモンに働きかけ月経周期を整える効果のある漢方の飲み薬です。整理に関係してできるニキビに処方されることがあります。疲労感や貧血、肩こりなどホルモンバランスからくる不調に対しても効果が期待できます。

漢方の飲み薬は身体に優しい?

漢方の飲み薬は西洋薬に比べて副作用は少ないです。漢方薬は副作用がないと考えられていたこともありました。しかし現実的には全く副作用がないわけではありません。漢方の飲み薬で調子を崩すようなことがあれば受診をして相談した方がいいこともあります。

アレルギー反応が出る可能性はもちろんありますし、電解質異常がもたらされることもあります。漫然と長くの見続けるのは危険でしょう。

その他、重篤な副作用で問題となったのは、小柴胡湯の副作用として報告された間質性肺炎です。間質性肺炎は進行すると死に至ることがあります。といっても頻度は大変少なく1万人に1人程度といわれています。

漢方の飲み薬が比較的安全性が高いといっても副作用が起こりえることは留意して、漫然と飲み続けない方がいいでしょう。ニキビを治すのにお薬の位置づけは西洋薬であっても漢方の飲み薬であっても補助的な位置づけとおらえるのが妥当だと思います。やはりニキビをよくするには根本的に体質改善をするのが一番だと思います。

そんなこと言ったってどのように体質改善するのか?おすすめは「食べるものを変えること」です。体は食べたものでできているからです。私も重度のニキビに悩まされていましたが、食事を変えたことで肌はきれいになりました。肌だけではなく体の調子が全体的に良くなりました。

ニキビだけをみて、そこだけをよくするという西洋的な考え方より、ニキビは身体の不調の一つの表れでしかないという漢方的な考え方のほうが私には理にかなっているように思えます。そして、ニキビをよくする、つまり体の不調を治すには栄養の改善が必要不可欠と思うのです。

まとめ

ニキビに効果が期待できる漢方の飲み薬を紹介しました。今の医療では漢方薬は西洋薬の補助という位置づけである場合がほとんどです。処方箋がなくてもドラッグストアで漢方薬は手に入るので、興味のある場合は試してみる価値はあると思います。

こちらの記事もおすすめです→あごの吹き出物にステロイドは危険?

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪