ニキビの赤みにオロナイン軟膏はどうなの?

オロナインはステロイドや抗生物質は含まれておらず比較的マイルドな市販薬です一家に一つあるイメージのオロナイン軟膏。皮膚に対して様々な効用がありますよね。効果・効能にはニキビ・吹き出物も含まれています。赤みのある炎症性のニキビを速攻でどうにかしたい!というときにオロナインは有効なのでしょうか。検証してみました。

オロナイン軟膏とは

オロナインは大塚製薬が出している市販薬です。ロングセラーで昔から親しまれていますね。

オロナインの成分

◎ 有効成分(1g中)

クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg

◎ 添加物

ラウロマクロゴール ポリソルベート80 硫酸Al/K マクロゴール グリセリン オリブ油

ステアリルアルコール サラシミツロウ ワセリン 自己乳化型ステアリン酸グリセリル 香料 精製水

※ステロイドは入っていません。(大塚製薬HPより)

この有効性分クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)に殺菌消毒作用があり、ニキビの原因となっているアクネ菌を退治することで赤みのある炎症性ニキビに効果が期待できます。

抗生剤やステロイドが含まれていないため安全性は比較的高いでしょう。しかしその分効果もマイルド。オリブ油・サラシミツロウ・ワセリンなどの保湿成分がたくさん入っているため、保湿的な意味合いのほうが大きいかもしれませんね。

オロナインの効果・効能は?

オロナインの効果・効能

オロナインH軟膏をお使いいただける効果・効能のすべてです。

にきび 吹出物 はたけ やけど(かるいもの) ひび しもやけ あかぎれ きず 水虫(じゅくじゅくしていないもの) たむし いんきん しらくも(大塚製薬HPより)

効果・効能の一番はじめにニキビ・吹き出物が書かれていますね。「オロナインを塗って絆創膏(キズパワーエイド)を貼れば一晩でニキビが治る」等の書き込みがネット上で散見されます。絆創膏でニキビを密封してしまうと菌が余計に繁殖してしまう可能性もあるので、その点注意が必要です。私もそれを覚悟でニキビに絆創膏(キズパワーエイド)を使ったことはありますが、実は結構効きました。一晩寝ると赤みがだいぶ引いていましたね。

オロナインのニキビへの使用方法は?

オロナインの本来の使用法に関して、大塚製薬のHPによると

オロナインH軟膏 使用法

にきび、吹出物には少量をかるくすりこんでください。べとつく場合は、タオル、ガーゼ等で拭きとってください。

毎日ご使用いただいて結構です。

ただし、5~6日間使用しても症状がよくならない場合は、医師・薬剤師に相談して下さい。

とのこと。マイルドなお薬のため毎日使うのもありなのでしょう。オロナインを数日使っても良くならないなら見切りをつけて別の方法を探した方がいいでしょう。

オロナインはいつもニキビを繰り返して常にニキビがあるような重症度の高い人向けではないでしょう。いつもはニキビがないのに、たまたま赤みのある炎症性のニキビができてしまった!といった人向けだと思います。

いつも赤みのあるニキビができる人は根本的なアプローチをするべきです。

ニキビに効くオロナイン以外の市販薬は?

オロナイン以外にもニキビに効能がある市販薬はたくさんあります。その中でもオロナインは比較的マイルドといえるでしょう。気軽に試すことができるのが良いところですね。

テラ・コートリル軟膏

抗生剤とステロイドが配合されているお薬です。抗生剤がアクネ菌をやっつけて、ステロイドが炎症の赤みを鎮静化させます。市販のなかでは比較的強いお薬といえるでしょう。ステロイドも抗生剤も短期間の使用にとどめた方が良いお薬です。

使うのであれば応急処置的な位置づけで使うのが良いでしょう。

ビフナイト

HPより↓

  • 角質軟化成分イオウが詰まった毛穴を開き、粘土質のクリームが余分な皮脂を吸収します。
  • 殺菌成分IPMP®が、ニキビの原因アクネ菌を殺菌します。
  • 抗炎症成分グリチルレチン酸が、ニキビのハレ・赤みを鎮めます。

オロナインの美容使用はあり?

オロナインパックとか、オロナインを保湿剤として使うとか、いろいろな使用方法がネット上では散見されますよね。

私としては、そのような使用はおすすめしません。肌に細菌による炎症も起きていないのに抗菌作用のある物質を塗るのは、肌のフローラ(細菌叢)を乱してしまい、ひいてはバリア機能の低下につながってしまいます。その結果肌の脆弱性が増してニキビができやすくなってしまいます。

そもそも不要な保湿はするべきではないというのが私の基本スタンスです。保湿をしすぎると肌が本来出す保湿因子の分泌が低下していき、肌が頑張らなくなってしまいます。「保湿依存症」といってもいいでしょう。ほとんどの女性は「過剰保湿」で「保湿依存症」といってもいいと思います。保湿依存症になると、保湿剤なしではいられない肌になってしまいます。

それに保湿剤を使いたいとしても、オロナインを選ぶ理由はないように思います。オロナインには保湿成分がたくさん含まれており保湿剤としての役割を果たすことはできますが、もっと成分がシンプルで肌に負担が少ないもののほうがいいのではないでしょうか。

私自身は極力保湿を控えていますが、どうしても保湿したいときにはシンプルなオイルを使っています。

ニキビの赤みを早く良くしたいときにすること

オロナイン以外でニキビの赤みを早く良くする方法をご紹介します。オロナインのような外用薬だけではなく、内側からのアプローチが非常に重要です。

ニキビを治したいのであれば、ビタミンCは欠かすことのできない存在です。白ニキビ、黒ニキビ、赤みのあるニキビ、軽症~重症までどんなタイプでもビタミンCは効果を期待できます。正直、ビタミンCなしにニキビの治療は語れないと個人的には考えています。

ビタミンCには抗炎症効果、抗酸化作用、メラニン抑制作用、殺菌作用等々のニキビには欠かせない効用があります。しかも薬とちがって副作用がないのが素晴らしい。

食事からの摂取ではビタミンCは不足しますので、サプリメントでの摂取がおすすめです。私も毎日3000㎎以上のビタミンCサプリメントを摂取しています。ニキビの赤みを早く良くしたいのであれば、さらに多い量を摂取します。

その他、たんぱく質の摂取も心掛けるべきです。肌はたんぱく質でできているので、不足があるとトラブルが生じます。美肌にはたんぱく質は欠かせないのです。たんぱく質もビタミンも肌への供給は後回しとなります。体内で優先的に消費されるからです。

ニキビの赤みを良くしたいのであれば、より多くのタンパク質・ビタミンを摂取すべきでしょう。

その他、トランス脂肪酸などの悪いアブラは炎症を引き起こすので避けましょう。ニキビの赤みには悪影響です。トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングの他、揚げ油に含まれます。健康被害も大きいため、極力取らないように気をつけましょう。

まとめ

オロナインは様々な皮膚疾患に対して効用があり、ニキビ・吹き出物もそのうちの一つです。抗菌作用があるためニキビの原因菌をやっつけて、ニキビの赤み・炎症を改善させます。副作用も少ない分効き目はマイルドです。保湿成分が含まれており保湿効果も期待できます。オロナインによる、外側からのケアだけではなく、内側からケアすることで、早くニキビの赤みを改善することができます。

こちらの記事もおすすめです→ニキビの赤みの原因「炎症」を抑える方法は?

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪