ニキビの赤みを改善させる市販のおすすめ化粧水は?

赤く炎症が起きている痛いニキビ、早く何とかしたしたいですよね。鏡を見るたびにストレスがたまり余計にニキビができてしまいそう…。ニキビの赤みの改善にはスキンケアは欠かせません。ニキビの赤みに化粧水は効くのか?ニキビに対して絶対に欠かすことのできない成分を配合したおすすめの市販の化粧水についてまとめました。

ニキビの赤みにおすすめの市販の化粧水は「ビタミンC誘導体配合」

ニキビの赤みには何よりもまずこれ。「ビタミンC誘導体配合」の化粧水がおすすめです。

ビタミンCにはあまりにもいろいろな役割があるため、万能のビタミンなどと呼ばれますが、私自身様々なビタミンがある中で一つだけ選ばなければいけないなら絶対にビタミンCを選びます。

ビタミンCは美肌には欠かせない存在です。

ビタミンCは炎症を抑えてくれる作用があるため、赤みのあるニキビやニキビ跡には最適です。さらにビタミンCの肌への作用として

  • 皮脂の過剰分泌をおさえてくれる作用
  • 殺菌作用
  • 毛穴を小さくする作用
  • 活性酸素を除去しシミ・しわ予防
  • メラニンをおさえてシミを抑制、美白
  • コラーゲンの生成を促す

などがあげられます。ニキビの赤みを良くして美肌を手に入れたいならば、どう考えてもビタミンCを使わない手はないですね。

ニキビの赤みに効く!ビタミンC誘導体化粧水の種類

ビタミンCが肌に抜群の効果があることは上述の通りです。では純粋なビタミンCそのものを肌に塗っていいかというと、それはNGです。純粋なビタミンCは肌の上では非常に不安定で、紫外線で酸化されてしまい本来のビタミンCの持つ効果と真逆の作用をしてしまいます。つまり赤みニキビやシミ・しわなどの肌トラブルを作ってしまう可能性があるのです。

では、肌にビタミンを補給するにはどうしたらよいか?

そんな不安定な純粋ビタミンCを安定化させたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体には3種類あります。

両親媒性ビタミンC誘導体

3種類の中で最も肌への浸透力のある次世代のビタミンC誘導体で、化粧水として最もおすすめです。成分表示では「パルミチン酸アスコビルリン酸3Na(APPS)」と表記されます。水溶性の性質と油性の性質を併せ持ち、浸透力は従来のビタミンC誘導体の100倍ともいわれています。

効果が高い分値段も高いです。ドラッグストアなどの化粧水には含まれていません。通販の化粧水やドクターズコスメなど少し値段が高い化粧水に含まれています。

水溶性ビタミンC誘導体

最も一般的なビタミンC誘導体で化粧水に多く用いられています。主な成分とそれぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

成分名    主な特徴

  • リン酸アスコルビルNa
  • リン酸アスコルビルMg
  • アスコルビン酸グルコシド

リン酸アスコルビルは比較的よく肌に浸透します。多くのビタミンC誘導体化粧水で配合されていますね。

脂溶性ビタミンC誘導体

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなど。油溶性のためクリームやオイルアドに配合されています。

ビタミンC誘導体配合の化粧水

ビタミンC誘導体の化粧水ならば水溶性の「リン酸アスコルビル」配合のものか次世代ビタミンC誘導体「パルミチン酸アスコビルリン酸3Na(APPS)」配合のものがおすすめです。浸透率が良いからです。特に「パルミチン酸アスコビルリン酸3Na(APPS)」は浸透率が従来のものと比べ100倍ともいわれています。

「パルミチン酸アスコビルリン酸3Na(APPS)」配合の市販の化粧水

  • アンプルール/ラグジュアリーホワイト VC エッセンスウォーター
  • フェリーチェトワコ/ FTC パーフェクト トリートメント ミストエッセンスRS
  • サイクルプラス/エンリッチローション
  • DUVOTA /Cローション
  • プリモディーネ /シーバムコントロールVCローション
  • BEAUTY MALL/ APPS+E(TPNa)ローション+アルファ
  • ドクターケイ /ケイカクテルVローション
  • アクセーヌ /ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C
  • ドクターライン/DLホワイト BAエッセンス
  • ドクターシーラボ /VC100エッセンスローション

たくさんありますね。

おすすめの化粧水のつけ方

お風呂上りや洗顔後にハンドプレスで浸透させるのがおすすめです。コットンなどでつけると波戸への刺激が強すぎてバリア機能を壊してしまい赤みニキビの原因になりえます。手で押さえるようにして優しく化粧水を肌に浸透させましょう。

ニキビの赤みの部分には重ねつけするのもおすすめ。しみる場合は刺激が強すぎる可能性があるので控えた方が良いでしょう。

市販のビタミンC化粧水のパックなども連続的にビタミンCを肌に浸透させることができるためおすすめです。無印良品などに打っているコインシートに化粧水をたっぷり含ませ5-10分ほど顔にのせればOKです。

ビタミンC誘導体化粧水にビタミンEを加えるのが超おすすめ!

ビタミンCとビタミンEは実は相性抜群です。市販のビタミンC誘導体の化粧水に加えてビタミンEもプラスしましょう。おすすめはビタミンEオイルです。

ビタミンCと同様にビタミンEは強力な抗酸化作用があります。細胞の「錆とり」をしてくれるわけですね。2つを同時に肌につけることで相乗効果が生まれます。

ビタミンCは水溶性でビタミンEは脂溶性です。ビタミンEは脂溶性のため細胞膜に入り込み「錆とり」をしてくれます。

ビタミンEが「錆とり」により酸化されて無力化してもビタミンCがビタミンEを復活させてくれる働きをします。逆もしかりでビタミンCの酸化をビタミンEが還元してくれます。

ニキビの赤みにはビタミンCのサプリメントもおすすめ!

ビタミンC化粧水+ビタミンEオイルに加えてビタミンCをサプリメントで摂取するのもニキビの赤みに効果的です。ただし、サプリメントの飲み方にはポイントがあります。それは「大量摂取する」ことです。

厚生労働省の栄養基準だとビタミンCの1日の必要量は100㎎とされています。正直、この100㎎のビタミンCではニキビの赤みに効果は出ません。(もちろん個人差はあります)

ビタミンCは肌に届く前に体内で優先的に消耗されてしまうので、ニキビに効果を出そうとすると相当な量を摂取しないといけません。オーソモレキュラーの本などを参考に考察すると、ビタミンCは最低でも1日3000㎎を摂取した方が良いでしょう。私自身は最低3000㎎のビタミンCサプリメントを毎日飲んでいます。3000㎎で効果を感じなければもっと増やすべきでしょう。ビタミンCに副作用はありません。水溶性ビタミンのため、不要な分は尿から排泄されるからです。値段も非常に安いため、ニキビの予防のためにも日ごろから摂取すべきです。シミ・しわ・たるみなどに対しても効果的でアンチエイジング効果も抜群のためすべての人が飲んでもいいくらいだ、と私は考えています。

まとめ

ニキビの赤みにおすすめの市販の化粧水

ニキビの赤みを早く治したいのであれば、ビタミンC誘導体が含まれる化粧水がおすすめです。ビタミンC誘導体の中でも「パルミチン酸アスコビルリン酸3Na(APPS)」は進化型のビタミンC誘導体で浸透率が従来のものと比べ100倍違うともいわれ注目されています。値段は少し高くなりますが、ニキビの赤みを早く良くしたいのであればこのAPPSが配合された化粧水がおすすめです。併せてビタミンEオイルを使用すると相乗効果があります。またサプリメントでもビタミンCを摂取して内側からニキビの赤みを良くするのも効果的です。

こちらの記事もおすすめです→ニキビケア化粧品に注意!大人ニキビを根本的に治す、おすすめの方法。

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪