ニキビの赤みが消えない!原因と治療は?

ニキビの赤み、目立ちますよね…。なかなか消えない赤みの原因と治療方法について書きました。お手軽に市販薬で治療する方法や皮膚科での治療、そして自分でできるセルフケアについてまとめています。やはりニキビの赤みに一番重要なのは食事やサプリメントなどの栄養素により内側から治すことです。内側から治す方法についてもご紹介しています。

ニキビの赤みの原因は?

ニキビは小さな毛穴のつまりから始まります。そこにアクネ菌が感染し、炎症が起きて赤くなっている状態が赤ニキビです。炎症が起きると毛細血管が拡張して皮膚は赤く見えます。

ニキビの赤みが消えない原因は?

ニキビの炎症は収まったように見えるのに、赤みだけが残る場合があります。皮膚の真皮まで傷が及んでいるとニキビの赤みが長く残りなかなか消えないこともあります。

市販薬で手軽にニキビの赤みを治療

赤みがあるときは、炎症が活発に起きているときです。大切なのは炎症を早く鎮静化させることです。

テラ・コートリル軟膏

ステロイドと抗生剤が配合されたお薬です。抗生剤によってアクネ菌を殺菌し、ステロイドによって炎症をおさえます。ニキビの赤みは炎症によるものなので炎症を抑えることができれば改善します。

抗生剤は耐性菌の問題があり、ステロイドは皮膚が薄くなるなどの副作用があるので長期間の使用は避け、あくまで短期間・赤みニキビにピンポイントで使う方が良いでしょう。

ペアアクネクリームW

イブプロフェンピコノールがコメドの生成を抑えて、炎症を鎮める作用があります。炎症を鎮めることでニキビの赤みに効果を発揮します。さらにイソプロピルメチルフェノールがニキビの原因のアクネ菌を殺菌することでニキビをおさえます。

ビフナイト

角質軟化成分のイオウを配合。ニキビの原因の皮脂を吸収し腫れや赤みをおさえます。さらにイソプロピルメチルフェノールがニキビの原因のアクネ菌を殺菌します。

皮膚科で治療

ディフェリンゲル

ビタミンA誘導体の塗り薬です。ピーリング作用があり、ニキビの原因の毛穴のつまりを解消することでニキビを改善させます。炎症に効果があるというよりかはピーリング作用によりたーオーバーを促しニキビ跡の赤みを改善させることは期待できます。

ベピオゲル

「過酸化ベンゾイル」が主成分の塗り薬です。殺菌作用によりアクネ菌に作用し炎症を鎮めることでニキビの赤みを改善させます。抗生物質のような「耐性菌」の問題は生じません。さらにピーリング作用により毛穴を詰まりにくくします。

抗生物質

ダラシンやアクアチム、ゲンタシン軟膏などが抗生剤の塗り薬です。そのほか、飲み薬が処方されることもあります。抗生物質によりアクネ菌をはじめとしたニキビの炎症を起こしている原因菌を殺菌しニキビの赤みを改善させます。ただし、抗生物質のお薬は次第に効果がなくなる耐性菌の問題があり、厄介です。特に飲み薬は全身に作用するので副作用も塗り薬に比べて多いです。腸内細菌叢の善玉菌などもやれれてしまうので、私はニキビの赤みに対し抗生剤のお薬はできるだけ使わない方が良いと考えています。どうしても使いたいのであれば短期間にとどめるべきでしょう。

ビタミン剤

シナールやビタメジンといったビタミンCやB群が赤みのあるニキビには効果的です。副作用もないため積極的に飲みたいところです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは美容皮膚科などで行われる保険外の治療です。薬液により肌をはがす作用によりタ-ンオーバーを促したり、毛穴を詰まりにくくしたりすることによりニキビを治療します。保険外なので料金が高いのと、1回だd家では効果が出にくいのが難点です。

なかなか消えないニキビの赤みをセルフ治療するには?

食事

ニキビの赤みを消すには、炎症を抑える食事が大切です。また、肌のターンオーバーを促し、ニキビ跡を早く良くする食事も重要です。

まず、炎症を抑えるのにもっともおすすめは糖質制限です。糖質を過剰に摂取すると血糖値が上昇します。するとインスリンという血糖値を下げるホルモンが追加分泌されます。このインスリンの過剰が、実は様々な弊害をもたらすことが知られています。例えば、過剰なインスリンによりアルツハイマーや癌のリスクが上がる事がわかっています。過剰なインスリンは体内で炎症を引き起こすこともわかっています。ニキビの赤みは炎症によるものなので、はやく赤みを治したいのであればインスリンの過剰分泌を抑えれば良いのです。つまり、糖質制限ですね。

さらに良いことがあります。糖質制限をすると、皮脂の分泌も抑制され、ニキビが出来にくくなります。睡眠も深くなり、血糖値の乱高下がなくなるため気持ちが穏やかになり、ニキビには効果が絶大です。

ニキビの赤みを治療するには肌のターンオーバーを速めることが大切です。肌のターンオーバーを促すにはどのような食事が有効か?最重要が大切なのが高タンパク食です。

タンパク質は肌の材料です。タンパク質が不足してしまっては正常な肌のターンオーバーは不可能です。ところがタンパク質を十分に摂取出来ている人は殆どいません。

卵複数個、肉、魚などタンパク質が豊富な食材を思う存分食べましょう。これらの食材は良質な脂質も豊富です。

脂質はいかにも悪者のように扱われてきましたが、実は美肌には欠かせない栄養素です。

脂質は細胞の材料です。具体的には細胞の壁の材料です。良質な脂質なくしては良質な細胞は作られません。肌も細胞でできているため、ターンオーバーの正常化には脂質は必要不可決です。また、脂質は生ホルモンの原料でもあり、ホルモンバランスを整えたくても材料の脂質がなくては無理です。十分量の脂質を摂取しましょう。おすすめは動物性脂肪のバターやラードです。

サプリ

ニキビの赤みが消えない・消えにくいとしたら、ビタミン不足も考えられます。

肌に重要なビタミンはC、B、A、Eです。そのなかで一つ選ぶとしたら間違いなくビタミンC。ニキビの赤みを治療したいなら、ビタミンCをサプリで積極的に摂取することがおすすめです。

ビタミンCには様々な作用があります。そのうちのひとつが炎症を抑える作用です。赤みの原因になっている炎症を早く治療するにはビタミンCは効果的です。さらに、ビタミンCには皮脂抑制効果、殺菌効果、抗酸化作用、コラーゲン産生を促す効果があり、ニキビを治療するには必須のサプリと言えるでしょう。

スキンケア

ニキビの赤みを良くしたいならシンプルなスキンケアがおすすめです。スキンケアのやりすぎが肌のバリア機能を低下させ、炎症をおこしやすくしニキビを悪化させてしまうことがあります。

とくにクレンジングは重要です。クレンジングには合成界面活性剤がはいっており、肌をいため、トラブルのもとになってしまいます。

私はクレンジング剤を使わず、固形石鹸だけで洗顔しています。それも夜に一回だけです。朝は水洗顔だけです。化粧はなるべく控えポイントメイクだけとし、メイクも石けんで落ちるものにしています。

スキンケアにおいても、ビタミンCがおすすめです。サプリで摂ることも必要ですが、大部分体内で消耗されてしまうので、肌に直接ビタミンCを届けられる美容液を併用すると効果的です。ビタミンC誘導体やAPPSなどがおすすめです。

ニキビに対して化粧水や乳液などの保湿が進められることも多いようですが、私自身は保湿には反対です。保湿により肌の機能低下がおきてしまうからです。

まとめ

なかなか消えないニキビの赤みの原因と治療。

ニキビの赤みは炎症により毛細血管が拡張していることが原因です。ニキビの赤みの治療は炎症をおさえることが大切です。市販薬や皮膚科で処方されるお薬を紹介しました。一番のおすすめは栄養による内側からの炎症の改善です。糖質制限や高たんぱく質・高脂質やビタミンにより炎症を内側から赤みニキビを改善させましょう。

こちらの記事もおすすめです→ニキビを治す方法!ニキビに悪い食べ物・効く食べ物とは?

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪