あごの吹き出物にステロイドは危険?

軟膏といえばステロイドといわれるほどステロイドは私たちにとって身近な存在ですよね。あごの吹き出物、速攻で治したい!と思ったとき「ステロイド外用はどうなの?」と考えるのはある意味自然なことかもしれません。あごの吹き出物とステロイドの関係、私のおすすめの吹き出物の治し方について書きました。

まずステロイドとは?

ステロイド外用薬は皮膚科で処方される最も一般的なお薬の一つです。皮膚科を受診したことがある多くの人が一度は使ったことがあるのではないでしょうか。自分はステロイドを使ったことはない!と思っていても、実は知らなかっただけで乳児のころに乳児湿疹でステロイドを塗っていたということもあり得ます。

ステロイドは市販の軟膏などにも配合されていることが多々あり、知らず知らずのうちに使っていることは十分にあり得ます。

ステロイドは外用薬だけではなく内服や点滴として医療現場で様々な疾患の治療に使われています。気管支ぜんそく、リウマチなどの自己免疫疾患、アナフィラキシー等々。

ステロイド外用薬はアトピー治療や湿疹、皮膚炎など炎症性皮膚疾患が主体で処方されます。それ以外の皮膚疾患にも幅広く処方されます。

過去にはステロイド外用薬は副作用は起きにくいとの誤った認識から、様々な皮膚疾患でステロイド外用薬が乱用された結果、実際は様々な副作用を引き起こし、マスコミのあおりもあったことから「ステロイドは怖い」というイメージがあります。

実際にステロイドは、医師の指導の下で正しく使うことが望ましいお薬です。

あごの吹き出物は何故できる?

あごの吹き出物は、もともとの体質に加えてストレス、食事などの生活習慣、ホルモンのバランス、スキンケアなどの影響でできやすくなります。

あごは男性だと髭の生える場所ですよね。あごの吹き出物はホルモンのバランスとも深く関与しています。

あごの吹き出物にステロイドは有効か?

皮膚科ではニキビ・吹き出物に対してステロイド外用薬を処方されることがあるかもしれません。言葉は悪いですが、残念なことに何でもかんでもとりあえずステロイドを出す医師がいることは確かなのです。

あごの吹き出物、とにかく早くどうにかしたい!となんでも塗りたくなる気持ちはよくわかりますが、ステロイドはニキビ・吹き出物の根本的な解決にはなりません。

ニキビ・吹き出物は繰り返すことの多い疾患です。ステロイド外用薬は炎症や免疫反応を抑え、一瞬は吹き出物が良くなったように感じるかもしれません。

しかし、ステロイドを連用することで吹き出物を悪化させてしまうリスクがあります。

ステロイドの副作用の一つが「ざ瘡(ニキビ)」です。免疫をおさえることで菌に感染しやすくなるという現象が起きるので注意が必要です。吹き出物を良くしようとした結果、余計に悪化する…なんてことは絶対にさけたいですよね…。

ステロイドは副作用のリスクを負ってまで吹き出物に対して使うべきお薬ではないと思います。

市販薬にもステロイドが配合されていることがある

市販のお薬に何気なくステロイドが配合されていることが多々あります。ステロイドを避けたいと思っていても、知らず知らずのうちにステロイドを使っていた、ということはよくあることです。

  • テラ・コートリル軟膏
  • フルコートF
  • オイラックスPZ軟膏

等々ステロイドが配合されている市販薬はたくさんあります。ステロイドをできるだけ回避したいと考えている場合は、市販薬を利用するときも注意が必要ですね。

ステロイド外用薬の副作用

ステロイド外用薬の副作用について「治療薬UP-TO-DATE」を参考にあげます。

「皮膚萎縮、紅斑や毛細血管拡張、顔面にみられる酒さ様皮膚炎、ざ瘡、線状皮膚萎縮、紫斑、多毛等。」

「さらに、ステロイドは内服しなくてもⅢ群以上の外用薬を1日10g~30g長期間塗り続けると全身的な副作用が生じえる」

とあります。

軽いステロイドの短期間の使用でも経皮吸収されるのは間違いないです。それを「そんなに気にする必要ない」という医師が大多数です。そして医師自身も気軽に自分でステロイド外用薬を使っていることが結構あります笑。

一方、少数派の脱ステロイド医師は「少しのステロイドの使用でも吸収されて影響が出る可能性がある。乳児のステロイド使用が成人のアトピーの原因になりうる」等の警戒をしています。

いずれにしても、あごの吹き出物にステロイド…どうでしょうかね。あなたはどのように思いますか?私は気軽な気持ちでは使うべきではないと考えています。

どうしてもステロイドを試したいの!という方は漫然と使用せずに1-2週間で吹き出物の状態を再評価しましょう。ちなみに、顔面は吸収されやすくステロイド外用薬はできる限り使用しないことが推奨されています。

あごの吹き出物、おすすめの治し方

とにかく早くあごの吹き出物を何とかしたい!ですよね。ステロイドがおすすめできないとしたら、なにか別の方法でもいいから教えてほしいですよね。

繰り返すあごの吹き出物はもともとの体質に加えてホルモンバランスの異常の関与の可能性が高いです。

因みにエストロゲンやプロゲステロンなどの性ホルモンはステロイドホルモンの一種です。

たんぱく質をたくさん摂取する

たんぱく質とは肉や卵やチーズなどの食品です。たんぱく質は皮膚の原料ですから、たんぱく質が不足すると吹き出物が出やすくなります。

たんぱく質不足の状態で繰り返す吹き出物をよくするのは困難です。第一にたんぱく質を補給しましょう。私は肉・卵を積極的に食べるのはもちろん、プロテインも飲んでいます。

良質な脂質でホルモンのバランスを整える

脂質の摂取を控えていませんか?世間の「脂は控えめに!」という刷り込みがあまりに強く多くの女性は脂質不足です。脂質はホルモンの原料です。十分な脂質の摂取無くしてホルモンのバランスを整えるというのは困難です。脂質を恐れず摂取することがあごの吹き出物を治す近道です。

脂質は細胞膜の材料でもあります。健康な皮膚を作るのに必要不可欠です。脂質が不足すると吹き出物が出やすくなります。

ではホルモンのバランスを整えあごの吹き出物をよくする良質な資質とは何か?おすすめはバターやラードなどの動物性脂肪です。サラダ油などのトランス脂肪酸はできるだけ避けましょう。

あごの吹き出物は鉄不足のサインかも!

実に月経のある日本人女性の99%は鉄不足です。貧血がなくてもフェリチンが低い隠れ貧血の人がほとんどです。鉄は人間にとって一般的に知られている以上に必要不可欠なミネラルです。

ビタミンCとともにコラーゲンの産生にかかわっているのが鉄。鉄はあご周りの吹き出物にも深く関与しています。鉄が不足しやすい思春期も吹き出物の好発時期ですよね。あごの吹き出物が繰り返しできる人は鉄不足を疑った方が良いです。

吹き出物以外でも鉄不足により湿疹ができやすくなる、だるい・頭痛などの不定愁訴が起こります。あごの吹き出物と合わせてこのような不定愁訴がある場合は一度医療機関でフェリチンを測ってもらった方が良いでしょう。

ヘム鉄の多い食材は何と言ってもお肉。お肉を食べるアメリカ人女性には鉄不足はほとんどいないようです。日本人女性はお肉を控えすぎています。もっと食べましょう。

ビタミンCの大量摂取で早くあごの吹き出物を解消!

吹き出物におすすめのビタミンやサプリはいくつかありますが、まずは何と言ってもビタミンCでしょう。ビタミンCは体の様々な代謝に関与しています。コラーゲン産生、皮脂抑止、抗酸化作用、抗炎症作用があり吹き出物を治すのに欠かせないビタミンです。

前述のとおり、体の様々な代謝に関与しているため、皮膚に到達する前にほとんど消費されてしまうビタミンC。あごの吹き出物を治すには大量摂取がおすすめです。あごの吹き出物対する効果を求めるならばビタミンCのサプリメントを1回1g1日3回、合計3gは摂取したいところです。この量を食事からとるのは不可能なのでサプリがおすすめです。

こちらも参考にどうぞ→ビタミンC3000㎎以上の内服を心掛けています。

まとめ

あご 吹き出物 ステロイド

ステロイドは炎症を抑える効果の強い外用薬です。あごの吹き出物に対してステロイド外用は長期的効果が乏しくあまりおすすめできません。副作用の問題もあります。どうしても使いたい場合は弱いステロイドを短期間にとどめて使いましょう。市販の外用薬にもステロイドが含まれていることが多々あり、知らないうちにステロイド外用していたということもあり得ます。成分を良くチェックしましょう。

こちらの記事もおすすめです→【女医が解説】目から鱗!あごの吹き出物の原因と治し方

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪