ニキビにおすすめの美容液!乳液は不要です。

ニキビに対して過剰なケアは逆効果です。まず、乳液は不要なのでやめることをおすすめします。スキンケアはシンプルに、必要な成分を補うことができる美容液がおすすめです。現在、私はスキンケアに美容液とオイルを使っています。ニキビ肌におすすめの美容液について書きました。特に大人ニキビに悩んでいる方におすすめです。

ニキビに悩んだ私が乳液をやめた理由

私は10代のころから重症ニキビに悩まされていました(私より重症な人にはあったことがない)。20歳を過ぎて大人になっても重症ニキビは一向に良くならず…。当然皮膚科もさんざん受診したし様々なスキンケア商品を試してきました。

残念ながらニキビは良くならなかったうえに敏感肌になり、肌は最悪の状態でした。いつもヒリヒリと炎症が起きていて赤みを帯びている…。ニキビだらけでオイリー肌だからテカテカ…。

とにかく鏡を見るのが嫌で嫌でしょうがなかったです。お世辞にも「肌きれい」とは言えない状態。もう体質だから、しょうがない…と半ばあきらめてもいました。

ところが。今は「肌きれい」といわれることがあるぐらい、ニキビも改善し敏感肌も克服しました!アラサーになってようやく「肌がきれい」といわれるとは…。

私がニキビや敏感肌&オイリー肌を克服できたのは食事とサプリメントによるインナーケアとシンプルスキンケアのおかげです。

スキンケアに関しては、ニキビがあるとどうしてもスキンケアアイテムでどうにかしたいと思いがちです。結果、スキンケアが過剰になりがちです。するとニキビがよくなるどころか、敏感肌になったりアレルギーになったりトラブルが増えてしまいます。

クレンジングや洗顔などの洗浄を極力減らし、保湿も最低限とし、肌に必要な栄養成分(美容液)を補うのが本来の肌機能を取り戻しニキビ改善への近道となります。

乳液の役割は保湿ですが、乳液は真っ先にやめるべきアイテムだと思います。乳液は水分と油分が混じっており必ず界面活性剤が入っています。ほかにも刺激になる成分が多く入っています。

保湿をするならできるだけシンプルな成分で、肌の皮脂に近い成分を選ぶべきです。できれば何も塗らないのがベスト(皮脂が最高のクリーム)ですが、なにかとそう訳にもいかない場合はシンプルなオイルを少量使うのがベストです。乳液やクリームなどオイル以外の保湿剤は余計な成分が多すぎです。

ニキビにオイルは悪いと常識的には言われていますが、ニキビの炎症を起こす菌は空気に触れると繁殖できませんので、外から塗るオイルは菌の繁殖とは関係ありません。

ニキビにおすすめの美容液!APP-Cフラセラム


広尾プライム皮膚科と共同開発のビタミンC美容液です。まさに、「肌につけるサプリメント」です!

多くの市販のビタミンCの美容液はほとんど肌に浸透しません。ビタミンCは水溶性のビタミンのため、肌の奥には入っていかないわけです。それを肌の奥に届けるために美容皮膚科などでビタミンCのイオン導入などのメニューがあるくらいですから。

ただのビタミンCは肌に塗ってもほとんど意味をなしていないのが現実です。

ところが、この美容液に含まれるビタミンCは「新型」「進化形」ビタミンC誘導体APPSです。APPSは水になじむ親水性の性質と油溶性の性質を兼ね備えているため、肌のより深くまで浸透します。今までのビタミンC美容液はツッパリ感が強く乾燥する感じもありましたが、この美容液は突っ張らないんですよねー。しっとりしていて伸びも良く、使用感抜群です。

主な成分

ビタミンC(APPS)

肌に良いビタミンと言ったら、真っ先にビタミンCを思い浮かべる人は多いと思います。実際に様々な肌トラブルに効果的です。むしろ欠かすことができないビタミンです!

  • 皮脂の分泌を適正化
  • 毛穴トラブルに効果的
  • 炎症を抑える
  • 抗酸化作用で活性酸素を除去してくれる
  • 紫外線トラブルに効果的
  • シミ、小じわの原因除去
  • 美白作用
  • コラーゲン産生作用

ビタミンCは皮脂分泌を抑え炎症を鎮静化させる効果がありニキビケアには効果的です。さらにニキビ跡の色素沈着も薄くしてくれる効果があります!

ところが上述の通り、普通のビタミンCは残念ながら肌に塗っても奥まで浸透しないんです。では、サプリでビタミンCを飲めばいいのでは?と思いますよね。もちろんビタミンCはサプリでも摂ることをおすすめします!私も実際サプリで摂取していますから。

ただし、口からビタミンCをとっても、体内で消費されてしまってなかなか肌には届かないのが現実です…。

イオン導入なしに、肌に塗って奥まで浸透するAPPSビタミンC美容液はニキビケアには欠かせないです!

私もこの美容液をはじめてニキビ跡の色素沈着がずいぶんよくなってきました。あとは、美白作用が素晴らしいです。私は顔の肌全体が明るくなり、肌がワントーン白くなりましたよ。

フラーレン

この美容液は還元力が強く抗酸化作用は抜群のフラーレンも高濃度配合されています。フラーレンはこの抗酸化作用のためニキビケアには最適です。その抗酸化作用はビタミンCの125倍ともいわれています。125倍ってすごいですよね。フラーレンとAPPSは相性が抜群です。皮脂分泌抑制効果もあり、オイリー肌にも最適。

もちろん、シミ・しわ・炎症の原因になる活性酸素除去作用はアンチエイジングにも効果抜群です。

特に大人のニキビに悩む方にAPPSとフラーレンが高濃度配合されたこの美容液、一度トライしてみてほしいです。

美容液の使用方法

洗顔後に3~4プッシュを手に取り、顔全体を優しく包むような感じでなじませます。私の場合は大体これで1本あたり1カ月もちます。

ビタミンCにありがちだった「ツッパリ感」が全然ありません!むしろしっとりするくらいです。

さらにビタミンEの美容液オイルで完璧!


私はこの美容液のほかにビタミンEオイルを使っています。私が使っているのは美容液というよりビタミンEそのものです。

ニキビに対してビタミンEも絶対に外せないビタミンです!

ビタミンEといえばアンチエイジングのイメージが強いビタミンですね。アーモンドなどに多く含まれます。ビタミンEも抗酸化作用が強く、活性酸素除去作用があり、紫外線からのダメージから肌を保護しシミ・しわ・くすみに対して効果を発揮してくれます。ビタミンE美容液オイルをたっぷりとつけた翌朝は肌の状態が全然違います。白くもっちり・ふっくらします。同じ美容液オイルを使っている母は「毛穴が小さくなる!」といって愛用しています。

ビタミンEはビタミンCとの相性が最高です。私はサプリメントでもビタミンEとCを飲んでいます。

ビタミンEとビタミンCの大きな違いの一つは脂溶性か水溶性かです。細胞膜は脂質でできていますが、ビタミンEは細胞膜に入り込み酸化された(さび付いた)細胞膜を還元してくれる作用があります。

そして、脂溶性のビタミンEは肌から体内に吸収されます。ビタミンCは水溶性のため肌に浸透するのが困難でしたが、ビタミンEは経皮吸収されるのです!

そのほかビタミンEは性ホルモンの産生に重要な役割を果たしています。「妊娠のビタミン」ともいわれる所以ですね。これはニキビにとってはとても重要な話なのです!性ホルモンのアンバランスがニキビには深くかかわっています。ビタミンEにより性ホルモンのバランスが改善すればニキビに対して高い効果が期待できます。

ビタミンEの性ホルモンバランスを整える作用は本当に強力で、ビタミンEのサプリメントを適切に利用することで月経困難症がよくなる人もたくさんいます。実際に私も劇的に改善しました!びっくりします。

まとめ

ニキビには過剰なスキンケアは逆効果です。乳液は控えるのがおすすめです。美容液によって肌から栄養を補うことでニキビ改善効果が期待できます。おすすめはビタミンC(APPS)、フラーレン、ビタミンEです。それぞれの相乗効果が素晴らしくニキビに対してだけではなくアンチエイジング効果も抜群です。

こちらの記事もおすすめです→ニキビケア化粧品に注意!大人ニキビを根本的に治す、おすすめの方法。

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪