【女医が解説】ニキビに乳液は必要ない!効果なし。

ニキビには乳液は絶対必要だという意見がある一方、効果はない・NGという意見があります。いろいろな見解が特にネット上だと飛びかつていますよね。いったい何が本当なのか、検索するほどよくわからなくなってくる…なんてことはないでしょうか。ニキビに対して乳液は必要かどうか、私の意見を書きました。判断のためのひとつの参考になれば幸いです^^

そもそも乳液って?

乳液とは肌を保湿・保護するために必要な基礎化粧品です。クリームも同じ役割ですが、違いは油分の差です。乳液は水溶性の成分と油分から成り立っていますが油分は

乳液<クリーム

となるため保湿効果はクリームのほうが高いとされています。保湿や保護を考えるとクリームのほうが効果は高いのですが、さらっとした付け心地がよくて乳液を好んで使う方も多いのではないでしょうか。

なぜ乳液は必要だと思われているか

スキンケアというと、

洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム

という純場で一般的に認識されていると思もいます。オイリー肌でニキビ肌の場合はクリーム使わないよとか、美容液は使っていないという人もいるかも知れません。

洗顔→化粧水→乳液

だけの人もいるかもしれませんが、スキンケアはおおむねこのような流れではないでしょうか。

乳液は化粧水を肌に含ませた後、水分の蒸発を防ぐ「蓋」として必要だとされています。

このような「常識」のもと「乳液をつけるのは必要」という風に何の疑いもなくスキンケアに乳液を取り入れている場合がほとんどだと思います。

クリームやオイルではなく乳液が好まれ必要とされるのには理由があります。それは前述したようにさらりとした使い心地です。

クリームやオイルに比べて油分が少ないため伸びがよく保湿効果がある一方でさっぱりしている乳液。特に若い人は皮脂の分泌が盛んなので、クリームやオイルよりさっぱりした乳液を好む傾向にあるようです

ニキビができやすい、オイリー肌の人もクリームやオイルより乳液を好む傾向にありますね。

ニキビに乳液は効果なし!

私はニキビ肌には乳液は必要ないと考えています。「肌質を問わず」必要ないです。

乾燥肌のニキビには保湿力の高い乳液が効果的とか、オイリー肌のニキビにはさっぱりタイプの乳液を薄く塗るのが効果的だとか乳液をすすめる話が多ですよね。しかし私自身、乳液は必要ない、むしろニキビに逆効果!と考えています。

乳液には「界面活性剤」が含まれている

乳液には界面活性剤が含まれています。乳液は水溶性の成分と油分が含まれています。水と油は本来混じりあわない性質があります。例えば、ドレッシングは水と油が2層に分かれていますよね。かける前にフリフリすることで水と油を混ぜるわけですが時間がたつとすぐに2層に分かれてしまいます。

そこで本来混じらない「水」と「油」をまぜて乳液を作るには強力な乳化剤が必要です。合成界面活性剤が必要になってきます。界面活性剤なら自然界に存在するものや体内に存在するものもあり一概に悪者というわけではありません。しかし化粧品などで使われる合成界面活性剤は肌に残りやすい性質があります。

皮膚には角質層や皮脂層からなる「バリア機能」が存在します。合成界面活性剤はこの「バリア機能」を低下させてしまう性質があります。バリア機能が低下すると様々な皮膚トラブルが発生します。敏感肌や乾燥肌、シミ・しわはもちろんニキビもできやすくなります。そしてバリア機能のゆるみにより、アレルギーが起こりやすくなります。

合成界面活性剤は乳液だけではなく、クレンジングなどにも含まれており注意が必要です。

ニキビを改善させるには、健康で丈夫な肌を作ることが必要です。できるだけ合成界面活性剤は避けて、必要な肌のバリア機能を保ちたいものですね。

ニキビ肌への乳液ならオイルフリー?

乳液は合成界面活性剤が含まれるから、避けた方が良いと前述しました。しかし乳液は伸びがよくさっぱりしていて使いごこちがよい保湿剤ですので、どうしても乳液が必要!という方もいらっしゃると思います。その場合はオイルフリーの乳液が効果的です。

ニキビには油が敵だからオイルフリー化粧品を使いましょう、と一般的には言われていますよね。オイルフリーの乳液には油分が含まれていません。しかし私は脂=ニキビにNGとは考えてはいません。むしろ適切な油分が肌を健やかに保つためには必要です。オイリー肌の人はニキビができやすいのは確かですが、適切な油分により肌は守られています。肌の油分を適切に保つことはニキビを改善するための重要なキーワードです。

では、なぜオイルフリーなのか?それは合成界面活性剤が含まれていない可能性があるからです。水と油を混ぜるのに界面活性剤が必要でした。よって油が含まれていなければ界面活性剤は必要なくなるわけです。

そもそも乳液は油分が含まれているものでした。オイルフリーなら乳液とは言わないのでは?という疑問がわきます。

成分的には「美容液」という方が妥当なのかもしれませんね!常識的に乳液は必要と思われていますから、「乳液」としてしまった方が一般的に理解されやすい(=売れやすい)からかもしれません。

乳液の代わりになるもの

乳液は必要ない、ニキビに対しても効果はないと考えた方が良いです。乳液の役割は保湿ですが、保湿をするならオイルやクリームでも一緒です。付け心地の問題ですね。

では乳液を必要ないなら保湿に何を使うべきか?

一番の理想は「何もつけない」ことです。これが間違いなく肌に最も良いです。

自分の肌から分泌される皮脂は当然必要な成分です。皮脂は“天然のクリーム”です。

多くの女性は「保湿しすぎ」です。化粧水、乳液、クリーム…。すべて保湿になります。ファンデーションなどのお化粧も保湿です。

保湿をしすぎると、自分の肌から本来分泌される天然の保湿因子の分泌力が弱まってしまいます。肌が弱くなると様々な肌トラブルにつながります。ニキビもしかりです!

では全く保湿は必要ないか?といわれるとそうとも言い切れないのです。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが…。

というのも社会生活を営む上で、どうしてもお化粧が必要になる、日焼け防止に日焼け止めを塗る…。そして化粧を落とすときに自分の皮脂も流れ落ちてしまうため、無防備な肌を守るのに何らかの保湿をする。現代に生きていると保湿せざるを得ない場面がありますよね。

私たちにできるのはせめて必要最低限の保湿にすることだと思います。

私は保湿を最低限にすることを日々心がけています。そして自分の皮脂を大切にしています。

保湿を最低限にするために効果的な方法

保湿のし過ぎが肌を弱らせ必要な天然の保湿因子の分泌能力を低下させてしまうということを書きました。

私は日々、「できるだけ保湿しない」ことを心掛けています。これは常識とはまるで真逆ですよね。「化粧水をたくさんつけよう」「オイリースキンでも保湿が必要!乳液が効果的」のような意見が大半のように思います。よって保湿を減らすことを受けいれるのは多くの人にとって難しいのかもしれません。

保湿を減らすと実はいいことだらけです。化粧品が少なくなるので時間やコストが抑えられるうえに、ニキビなど肌トラブルにも効果的。

基礎化粧品なら、すべてを一気にやめるのはリバウンドが来るので、少しずつ減らすのが効果的です。私は化粧水も乳液もやめて、今は美容液と少量のオイルだけで今までで一番肌の調子がいいです^^

乳液はあまり必要性がないので私だったら真っ先にやめると思います。

まとめ

乳液は合成界面活性剤が含まれていることが多く、避けた方が良い。合成界面活性剤は肌のバリア機能を低下させ、ニキビに対して悪影響を及ぼす可能性がある。

こちらの記事もおすすめです→女医が選んだニキビケアのためのプチプラ化粧水!おすすめの市販の安い化粧水3つ

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪