朝ごはんにパンが食べたい!妊娠糖尿病におすすめのパン。

妊娠糖尿病でもパンが食べたい!ですよね。特に、朝ごはんにパンを食べる習慣があった方は、妊娠糖尿病にだからと言って急にやめるのは辛いものがあります。こんがり焼いた厚切りトーストにたっぷりバターをのせて朝ごはん…はもうできないのかな、とお悩みの方へ!妊娠糖尿病でも食べることができる低糖質なパンをご紹介します。

妊娠糖尿病ではパンは食べて大丈夫?

正直なところ、残念ながら妊娠糖尿病で普通のパンはおすすめできません。パンはパスタやお米と同様に糖質の塊なので血糖値を爆上げしてしまいます。

<パンの糖質量>

  • 食パン(6枚切り1枚) 糖質 27g
  • コッペパン 1個(90g) 糖質 42g
  • フランスパン 2切れ(25g) 糖質 14g
  • ロールパン 1個(30g) 糖質 14g
  • クロワッサン 1個(45g) 糖質 19g

朝ごはんでパンを食べるとするなら食パン2枚くらいは食べると思いますので糖質54gになってしまいますね。

糖質制限でおすすめの1食の糖質量は20g未満なのでオーバーです。食パンにジャムなど塗ろうものなら血糖値は大変なことに…。

私も妊娠糖尿病になって以来、「普通のパン」は一切やめました。今でも「普通のパン」は食べません。本当はパン大好き人間だったのですが…。パンをやめなくてはいけなかったとき、やはり辛かったです…。

しかし!今はパンが食べたいと思うことはほとんどありません!糖質制限を始めたばかりのころは夢にも出てくる勢いでパンが食べたかったのですが、自然とその欲求も落ち着いてきたんです。これは糖質制限をする人に共通するようで、続けていくうちにパンだけではなく不思議と糖質に対する欲求が多かれ少なかれ減ってくるんですよ。

問題はパンを食べなくても平気!と思えるまでの期間のパンに対する欲求です。どうしてもパンが食べたいときに、私のおすすめは糖質制限のパンで代用することです。今の時代、沢井にも糖質制限パンの種類は増えてきているうえにクオリティも高くなってきています♪

私も糖質制限を始めたばかりのころは、よく糖質制限パンと買ったり作ったりして食べていました。今日は朝ごはんにおすすめできる糖質制限パンをご紹介したいと思います。

市販の糖質制限パン

最近は市販の糖質制限パンが充実しており、妊娠糖尿病の強い味方です。

ローソンのブランシリーズ

まず糖質制限パンといえば、ローソンです!私もこのブランシリーズのパンを大量に買ってきて冷凍保存していました。

ブランとは小麦の表皮、ブラン(ふすま粉)で作られたパンです。

ふすま粉には鉄分マグネシウムなどのミネラルや食物繊維が多く含まれています。

ふすま粉の糖質量は100gあたり19g。小麦粉が100gあたり糖質量71g程度なのでだいぶ低糖質ですね。

ローソンのブランパンの種類は

  • ブランパン2個入り
  • ブランのドーナツ
  • ブランのアンパン
  • ブランのパンケーキ
  • ブランのスイートチョコロール
  • チーズとハムのロール
  • ブランのハムマヨネーズパン

などなどたくさんの種類があります。ブランパン2個入りは、1個当たりの糖質量が2.2gでとても優秀です。ここにチーズや卵などを挟んでサンドイッチにするのもいいですね。アレンジしやすいです。ランチにも持っていきやすいですし!

ブランシリーズは味も価格も優秀です。買い置きしておけば、朝ごはんにも最適です。デザート系のドーナツやアンパンなど朝ごはんはもちろん、おやつタイムにも最適です!コーヒーと一緒にいかがでしょう。

ミニストップ

ミニストップも最近は低糖質食品に力を入れています。パンだけではなくスイーツのラインナップも豊富です。

  • ブランクロワッサン 糖質量12.7g
  • ブランデニッシュプレーン 糖質量18.3g

糖質量は20g以内には収まっているのでまあまあといったところでしょうか。

ただし、量が多めなので、私だったら朝ごはんには一つで十分かな。

味は、普通のパンと何らそん色ないです。軽―くトーストするとさらに美味しいですよ!

少し気になるのが、賞味期限がやたら長いこと。どれだけ保存料入っているんだろう?と不安になっちゃいました。あとはショートニングが成分に含まれていたのが気になりました。ショートニングは毒ですからね…。

結論。ミニストップの糖質制限パンは安くてボリュームもあり美味しいけど、ショートニングなど成分が気になるため、たまに食べる程度にとどめておいた方が良いと思っています。

通販

妊娠中だと外出もなかなかできない、コンビニすら行けないということも多々あると思います。そんな時には通販が便利ですよね。

今は通販でも糖質制限パンのラインナップが充実しています。そしてコンビニの糖質制限パンよりも糖質量が低いことが多く、ストイックに糖質制限したい方には通販が向いています。

低糖工房

私は低糖工房のパンを通販で何度か利用しました。初回は送料無料でいろいろな種類のパンが入ったお試しセットがおすすめです。好みのパンが見つけられるかもしれません!

私はシナモンロールが好きですねー。コーヒーとシナモンロールで朝ごはん!朝からパワーチャージです。

そのほか、糖質制限の通販の会社はたくさんあります。初回は送料無料とかお試しセットがあるとか、お得に利用できるところが多いので、いろいろな通販を試してみるのもありです。

簡単!手作り糖質制限パン

パンを手作りするのって難しいイメージがありますよね。ましてや糖質制限のパンとなればなおさらです。

しかし、超簡単に糖質制限のパンを作れるレシピがあるんですよ!簡単手作りパンのご紹介です。

ドイツパン風

多分これは世界一簡単なパンのレシピだと思います!しかも美味しいですよ。

<材料>

  • くるみ100g
  • クリームチーズ100g
  • 卵4個

<手順>

  1. クルミをマジックブレットやミキサーで粉砕する。マジックブレットやミキサーがなければ袋にクルミを入れて棒でたたき粉砕する。
  2. クリームチーズは常温に戻しておく。
  3. 材料をすべて混ぜる(マジックブレットやミキサーが便利だけど、ボウルに泡だて器でも大丈夫です)。
  4. 混ぜた材料をすべてパウンド型やマフィン型などお好きな型に流し込み電気オーブン220度45分焼く。
  5. 焼きあがったら冷ましてから、お好みのサイズに切って出来上がりです。

超簡単!材料たった3つですから!

ラカントなどの甘味料を入れるとおやつにもなります。ちなみにクルミの代わりにアーモンドでも代用可です。アーモンドも美味しいですよ!

このドイツパン風にはバターをたっぷりのせて食べるのがおすすめ。バターは低糖質なうえに良質な脂肪です。積極的に摂取したいものです。

大量に作っておいて冷凍保存してもOKです。忙しい朝でも冷凍保存しておいたものをトースターにかければ、朝ごはんに食べやすいですね。

保存料とか添加物が一切入っていないのも嬉しいです。卵は妊娠中にはぜひ食べてほしい食品。栄養チャージもできちゃいます。

このレシピはfacebookの「卵デニッシュ部」というグループを参考にさせていただきました。「卵デニッシュ部」では卵をベースとした低糖質で栄養満点のさまざまなレシピを皆さん投稿していてとても参考になります。

ご興味あればぜひのぞいてみてくださいね^^

まとめ

妊娠糖尿病でも朝ごはんにパンが食べたいですよね。以上ご紹介したように糖質量に注意して低等質なパンを選べば妊娠糖尿病でもパンを楽しむことができます。ぜひ試してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめです→妊娠糖尿病の原因は今までの食生活が関係する?

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪