ダイエット効果がすごい!「失敗しない」MEC食のやり方を女医が解説。

私の周りの知人、特に医者たちの間でMEC食が今大ブームです!MEC食は様々な効果があるのですが、その中でもダイエット効果は抜群です。その一方、MEC食では太ることもあり、挫折する人もいます。失敗しないためのMEC食のやり方をお伝えします!

MEC食のすごいダイエット効果!~実例を交えて~

私がMEC食をはじめて1年半が立ちました。その間、かなりの体質変化・体型変化がありました。

私の場合ベース体重がもともと52㎏(166㎝)でしたが、MEC食を開始して一時期62㎏まで増加し、今は54-55㎏程度におちついています。

つまり52㎏→62㎏→54㎏です。

これをみてどのように感じますか?体重だけ見ると太ったんじゃ?と思われるかもしれません。ところが、MEC食を始める前より今のほうが「痩せたね!」「細―い!」と言われます。

つまり体重は少し増えたけど、実は「引き締まった」のです。実際に服もサイズダウンしています。

私の周りでは、最近MEC食が大流行中。私がさんざん勧めているせいでしょう。

その中でいくつか実例を紹介します。

実例1)私の夫の場合(30代、男性)

メタボ傾向でおなかが出始めていた夫。

MEC食を一緒に開始。ただし、昼食は外食で炭水化物ありです。ゆるいMEC食。

夫はすぐに1カ月程度で6㎏痩せました。体脂肪率も20%台から13%に減少。

運動は一切なし。ただ、私と一緒に朝・晩MEC食をしただけです。

リバウンドもなく引き締まった体型になりました。初対面の人には「体型を保っていますね、スポーツしているんですか」と声をかけられるようになりました。

実例2)40代 男性 医師

BMI25以上の肥満体型。高血圧、高脂血症あり。「ダイエットしなくてはいけないがなかなかできない」と嘆いていました。そこでMEC食のやり方を紹介。

完璧に糖質オフにはできないが、MEC食のベース量をこなすことを心掛けているとのこと。たまにはパスタ・ラーメンを食べることも。

最初の2週間程度で3㎏ほどすぐに減少の効果。その後4カ月ほど緩いMEC食を続けていますが、体重は順調に減少していて、標準体型に近くなりつつあります。

特に苦痛なくMEC食を続けられているそう。

実例3)20代 女性 医師

小柄で特に太ってはいない女性です。MEC食のやり方を伝えました。ダイエットのためというよりは健康目的でMEC食を開始したところ、2カ月で4㎏減の効果!喜んでいました。医師のご主人とMEC食を続けているそうです。

実例4)30代後半 女性 医師

MEC食を開始して2カ月程度で3㎏減の効果。特にウエスト回りやフェイスラインがすっきりしました。肌がきれいになり、通っていらっしゃるエステでも褒められたそうです。

 

以上実例の一部です。ほかにもMEC食で効果を上げている知人はたくさんいます。みんな楽しくMEC食を続けており、ほかのダイエットのようなリバウンドなどもありません!

MEC食ダイエットの特徴3つ

MEC食はほかのダイエットとは決定的に異なります。

違いその1)おなか一杯食べることができる。むしろ空腹はいけない、食べるべし。

違いその2)やつれない。健康に引き締まる。

違いその3)リバウンドしにくい。

どうでしょう?今までのダイエットと真逆と言ってもいいくらいですね。特にたくさん食べていいダイエットは画期的ではないでしょうか。

ほとんどのダイエットは「カロリー制限」が根底にあります。これでは人は健康になれず、ダイエットとリバウンドを繰り返すたびに身体を痛めつけています。

たくさん食べて、きれいにダイエットできるMEC食のやり方はとてもおすすめです。

MEC食の基本のやり方を解説

MEC食のやり方を解説します。

MEC食のルールはシンプルで、2つだけです。

  • 肉200g、卵3個、チーズ120g以上毎日食べる
  • 30回噛む

やり方はたったこれだけです!非常に簡単。M(肉)E(卵)C(チーズ)ですね。MECだけでビタミンC以外の栄養素をおおむね満たすことができるんです。

そして多くのダイエットにあるような禁止事項はありません。ただしいくつかポイントはあります。

ポイント)

1.できるだけ糖質は避ける。(肉・卵・チーズは糖質ほぼ0です)

2.ビタミンCを補う目的で葉野菜など糖質の低い野菜を食べる

3.反省しない

MEC食のベース量をまずはこなしたうえでおなかがすいていたら糖質を食べてもOK。MEC食を続けていくと糖質にたいする欲求が減ってきます。自然と食べなくても大丈夫にンなってくるんですよ。

私も甘いものが大好きでしたが、今はあまり欲しません。以前だったら考えられないことですが現実にそうです。

野菜は案外糖質量が多いので知らず知らずに糖質多めになることがあります。葉野菜は糖質が低めなので推奨されています。

そして、「反省しない」ことも大切です。「今日はベース量がこなせなかった」「甘いもの食べちゃった」なんてこともあるでしょう。そんな時は反省せずに淡々とMEC食を続けましょう!継続が大切です。

実例でも紹介したように完璧なMEC食のやり方じゃなくてもダイエット効果が出ることが多々ありますから。

MEC食、ダイエットどころか太った!失敗しないために必要な考えとは。

MEC食で体重増加する人は案外多いものです。私も最大10㎏増えましたから!

これは栄養不足だった体に栄養が入ってきて、筋肉量が増えたり骨密度が上がったりして起こる現象です。MEC食を継続していると次第に皮下脂肪が減ってきて引き締まった体型になります。

とはいえ、特に女性は少しの体重増加で「MEC食は効果がない」「失敗だ」といい、体重増加に耐えられず途中でやめてしまう人がいます。

実にもったいないです。

一時的に体重が増えるのは、それだけ体が栄養不足だった証です。ある意味効果が出ているわけです。体重が増えたら体が修復されているのだ、と考えましょう。MEC食の体重増加とは身体がDNAに沿って最適化するプロセスの一つなのです。問題は、その修復期間がいつまで続くかわからない、個人差があるということ。

このような修復期間は半年の人もいれば3年の人もいるといわれています。

特に、いままで無理なダイエット歴があるとか菜食したことがあるとか、肉や脂を控えてきた期間が長いほど、つまり非MEC期間が長いほど、修復に時間はかかる傾向にあります。

そんなわけで自分の体をいたわってあげてください。

この考えを理解することがMEC食を続けていくうえでとても大切です。

ちなみにMEC食のダイエット効果は、あくまで健康的に引き締まる効果であり、ペラペラ・ガリガリにやせ細りたい人には向いていません。その場合は、MEC食は向いていませんので他のダイエットのやり方を探しましょう。

ただし、そのようなダイエットは健康を害する恐れが強いため、よくよく考えて実行した方がいいです。

MEC食のダイエット以外の様々な効果

ダイエットのためにMEC食を始める人は多いです。しかし嬉しいことにMEC食にはダイエット以外の様々な効果があるんです。

・高脂血症・高血圧・高尿酸血症など生活習慣病がよくなる

・糖尿病・耐糖能異常の改善

・睡眠の改善

・美肌効果

・疲れにくくなる

・冷え性がよくなる

・浮腫みが改善

・食後に眠くない

・思考がクリアになる

などなど。

生活習慣病から様々な病気(心疾患、脳卒中、認知症、網膜症、腎症…)に進展していくので、生活習慣病が食い止められるのは様々な病気への進行を予防することに等しいわけです。

美肌効果は女性に最も喜ばれるところです。私はダイエット効果よりも美肌効果の方がうれしかったですね。長年悩まされていたニキビ肌もだいぶ改善しましたから。

そのほか、MEC食により、不妊症が改善したとか、自己免疫疾患がよくなったなどの話はしばしばSNSなどで目にします。

MEC食はDNAに働きかける食事方法なので、このような効果があることも全く違和感がありません。

まとめ

MEC食にはダイエット効果がある。ただし今までの栄養不足がある場合は、一時的に体重が増加することがある。それは身体の修復にとって必要なプロセスであるため、多くの場合MEC食を継続しているといずれ引き締まった体になる。体重が増えたからと言って途中でやめず、続けることをお勧めする。正しいやり方でMEC食を続けていると様々なうれしい効果が期待できる。

 

こちらの記事もオススメです★

MEC食は痩せない?むしろ太る?

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪