MEC食は痩せない?むしろ太る?

MEC食で○○㎏痩せた!という話はよくありますよね。一方MEC食を始めたのに「痩せない」「むしろ太った」人も多いのはご存知でしょうか。この記事を読んでいる方も、「痩せない!」と焦っているかもしれません。だからといってMEC食をやめるのはもったいないですよ!MEC食と体重・体型について考察してみました。

私はMEC食でmax10㎏太りました!

突然ですが、私はMEC食を開始して3-4か月ほどでベース体重から10㎏ほど増えました。これを読んだ人は「やっぱりMEC食は痩せないんだ」と思われるかもしれません。

ところが、MEC食開始1年あたりから体がギュっと締まってきて、体重も減りはじめ、今はベース体重の+2㎏あたりをうろうろしています。

+2㎏と聞いてどう思われますか?体重だけ見たら「痩せない」けど、体型はMEC食開始前と比べて全く違うものになっています!もちろんいい意味で。服もサイズダウンしています。

しかも周りからは「痩せた」「細い!」「産後とは思えないスマートな体型」とか言われるようになったんですよ。

体重の増減だけで「痩せた・痩せない」というのはそもそもナンセンスです。

筋肉と脂肪では重さが全く違うので、同じ体重でも筋肉の割合が多い人と少ない人では見た目が全く違います。

以前の私は別に太ってはいませんでした。BMI19くらいで体重だけ見ると痩せ気味です。

でも筋肉なんてほとんどありませんでしたね。

MEC食をはじめて明らかに筋肉が増えました。そしてウエストや太もも・二の腕が締まって、以前のような「ぶよぶよ感」が減りスッと締まった体型になったのです。

「スポーツ、何やってるんですか」と聞かれるくらいスポーティーに見えるようです。ところが「スポーツは何もやってないです」。MEC食をひたすら続けているだけ!

MEC食の「修復期間」という概念

MEC食には俗に「修復期間」と呼ばれる期間があります。今まで栄養不足だった体に突然栄養が入ってきて、身体が本来のあるべき姿に修復されていく期間の事です。

その間は痩せないどころか太る人も多くいるようです。私もそうでした。

SNSなど見ていると「痩せないどころか太った!」という人が結構いますね。

MEC食で筋肉は確実に増えていくので体重が重くなることがあるのはご理解いただけると思います。

問題は、体重だけではなく見た目も太ることが多々あることです。太るというか膨らむという感じ。

修復期間には筋肉と、もともとの脂肪が同居してしまう人が多々います。私のように。

なんか、筋肉も脂肪もついていると欧米人ぽい感じの体型になるなぁと感じました。ぷよぷよではなくがっしりした感じ。悪く言えばちょっとごつい感じ。

修復期間を終えると脂肪が適度に減り、引き締まった体型になります。

修復期間はひとによってさまざまです。半年の人もいれば3年かかる人もいるとか。

全員が修復期間に痩せないわけではないです。すぐに痩せる人もいます。

どういう人が痩せない・太りやすいか

私も痩せない期間というか「膨らんでいた」時期が1年ほどあったので、気になっていろいろ調べていました。渡辺先生の書籍を読み、あらゆる人のSNS・ブログを読み込みました。

修復期間に痩せない人・太りやすい人

非MEC食期間に比例する

肉・卵・チーズをあまり食べてこなかった期間が長ければ長いほど修復期間に時間がかかります。

女性

「痩せない」「太った」というのは圧倒的に女性が多いです。一方男性はすぐに痩せるなどの効果が表れやすいです。これには女性の代謝の悪さが関与しているのではないかと考えています。特に日本人女性の「鉄不足」はこの代謝不良と深く関わっているとおもっています。日本人女性の90%以上は鉄不足ですから。

私自身も代謝が改善したと感じたのは鉄の補正をしてからです。

カムカムが足りない

MEC食のルールの一つは30回噛む事です。これをMEC食ではカムカムと言います。

案外、カムカムできていない人は多いようです。

私も人のことは言えません。30回噛むってなかなか難しいです…。

渡辺先生は「痩せない」「太る」ことに対して「カムカム」をすすめていますね。カムカムをしっかり意識するようになったらスッと体重が落ちた、という人もいるようです。

今までマクロビ、玄米採食などやったことがある

健康意識が高い方が徹底的にこのような食事方法を行うと、逆に栄養状態が非常に悪化してしまうというパラドックスに陥ります。マクロビや玄米採食などはMEC食とは真逆に等しいといっても過言ではありません。このような食事を行っていた場合はMEC食の修復期間が長くなり痩せない・太るといった現象が起きやすいと思われます。

私も一時期、菜食にはまっている時期がありましたね…。今思うと、とんでもないことをしていたなぁ。

カロリーを減らす系のダイエットをしたことがある

多くの女性はダイエットの経験があるのではないでしょうか。そしてこれまでのダイエットは「カロリー制限」である場合がほとんど。つまり栄養不足状態をつくって「やつれる」ダイエット。このような経験のある方は修復期間がかかると覚悟したほうが良いでしょう。

もともと痩せている

もともと痩せている人はMEC食では痩せないです。MEC食はガリガリになるのではなく、あくまでその人にとって適正な体重体型に近づくので、ガリガリに痩せて不健康にはなりません。なのでガリガリになりたい、ガリガリが美しいという価値観をお持ちの方には向いていません。

早く修復期間を乗り切り、痩せる方法は?

以上のように過去の栄養不良状態が長いほど修復期間は長くかかります。

過去は変えられない!ので、せめても早く修復期間を終えるためにできることはないでしょうか。

・カムカムが基本

MEC食にカムカムは欠かせません。私も偉そうなことは言えないのですが。カムカムをちゃんとできるかどうかで、ずいぶん結果が変わってくるようです。

良い子はカムカムです!

・鉄不足の解消を

ほとんどの女性が鉄不足であることを認識しましょう。日本人女性の99%はフェリチン100以下の鉄不足。もちろんMEC食には鉄分は豊富に含まれているのですが、それだけでは今までの鉄不足に追い付かないでしょう。

鉄は様々な代謝に関わっています。エネルギー通貨ATPを作る代謝過程でも鉄は不可欠です。鉄不足=代謝不良となります。

男性が比較的スムーズにMEC食の効果が出るのに対し、女性が痩せないなど効果が出にくいのは、女性の鉄不足が関係しているのではないかと考えています。

私は今鉄剤を飲んでいますが、なかなかフェリチン100を超えられずにいます。

私が1年に及んだ修復期間を乗り越え、痩せることができた理由

痩せない、もしくは太るといった修復期間が身体の最適化プロセスにとって必要だとしても女性としては太るのは辛いことですよね。

私も頭では理解していても不安になることもありました。

本当にいつか引き締まった体を手に入れられるの?

私だけ、このまま膨れ上がったのが完成形なのでは?

など。頭をよぎっていましたね。

結果、私も1年程度で身体が突然引き締まってきました。その間ただただMEC食していただけです。

facebookのMEC食コミュニティーに入る

MEC食を始めた当初、周りには誰もそのようなことをやっている人はいませんでした。何事も一人ではなかなか続けにくいものです。

そんな中で励みになったのはfacebookのコミュニティーでした。同じような悩みを抱えている人がいるんだなーと思えることができました。

MEC食によりまだまだ進化中だと思う自分の身体

私の身体はMEC食により現在進行形で変化中であることを自覚しています。すでにMEC食の効果の絶大さは感じているのですが、これまでの長年の栄養不足はこんなに短期間でぬぐえるものではないでしょう。今の状態を修復中というのが適切か。私はまだ自分の遺伝子のポテンシャルを発揮できる余地があると感じています。

私の願望はもう少し脚が引き締り、肩こりがなくなり、多少のストレスでも肌の調子が崩れないくらい強くなることかな。

これからも変化を楽しみながらMEC食を継続していくつもりです。

MEC食「修復期間」の先に素晴らしい変化が待っている

修復期間に痩せないとか太るとか、女性にとっては精神的に辛いことかもしれません。

しかし、自分の体がそれだけ栄養不足だったことを自覚し、修復期間を乗り切ったら、その先に様々な嬉しい変化が待ち受けているのではないでしょうか。

「痩せないからMEC食はダメ!」なんて言わずに、気長に続けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

MEC食 痩せない

・MEC食で痩せない人・太る人は多数存在する。

・痩せない・太るなどの減少は身体の最適化プロセスである修復期間によるものの可能性あり。

・修復期間が終わると身体が「引き締まる」。

・痩せないと言ってMEC食を辞めるのはもったいない!MEC食を続けると、様々な素晴らしい変化が期待できる。

こちらの記事もおすすめです→

ダイエット効果がすごい!「失敗しない」MEC食のやり方を女医が解説。

効果は絶大!1年間MEC食を家族で試した結果…

 

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪