ニキビケア化粧品に注意!大人ニキビを根本的に治す、おすすめの方法。

大人のニキビケア、化粧品に頼りすぎていませんか?世の中にはニキビケア商品があふれていますよね。ニキビケア化粧品により大人ニキビはより難治化する可能性があるので注意が必要です。難治化した大人のニキビを根本的に治すには内側からのインナーケアが不可欠。私が重症大人ニキビを解消したおすすめインナーケアやスキンケアについてお伝えします。

ニキビケア化粧品は注意が必要

大人ニキビを治そうと、化粧品難民になっていませんか?私もニキビケア商品をいろいろ試してきましたが、多くの商品の効果はとても限定的でした。むしろニキビを悪化させてしまうこともありました。

ニキビケアとして売られている化粧品は肌にとって刺激が強すぎるものが多いように感じます。ニキビに効果的とされるピーリング作用のある成分や、さっぱりするようなアルコールも含まれている事も多々あり、ニキビで敏感になっている肌をさらに敏感にしてしまうことに。結局、「敏感肌+大人ニキビ」となり難治化。以前の私はまさにこの状態でした。

大人ニキビの本当のケアは化粧品だけでは厳しいです。内面からもケアして健康な肌を育てることをおすすめします。

難治化した大人にニキビを治すにはインナーケアがおすすめ

 

大人ニキビに悩んでいる場合、他にも身体の不調がある場合が多いでしょう。例えば

・生理不順、月経前症候群、不妊などの婦人科系トラブル

・脚が浮腫む

・疲れやすい、体力がない

・便秘・下痢

・睡眠が浅い、寝つきが悪い、朝起きられない、など睡眠トラブル

・イライラしやすい

・姿勢が悪い、姿勢が保てない

・肩こりがひどい

・頭痛

・爪がもろい、二枚爪

・セルライトあり

・髪の毛が痛んでいる

・花粉症、蕁麻疹が出やすいなどアレルギーが出やすい

等々…。

当てはまるものはありますか?私も以前は結構当てはまっていました。今は大人ニキビと共に身体の不調も解消されました。

大人ニキビはあくまで身体の不調のサインの一つでしかないのです。インナーケアをすることで大人ニキビだけではなく身体の不調をもケアできます。

 インナーケアとは。おすすめは「栄養状態の改善」~ほとんどの現代人は栄養失調です

大人のニキビケアにはストレスをためない、規則正しい生活をする…といったことはもちろん重要でしょう。しかし「ストレスもないし、規則正しい生活だってしている!けどニキビは良くならない→やっぱりニキビケア化粧品が必要」というマインドは捨てることをおすすめします。体はすべて自分が食べたもので出来ているわけですから、何よりもまず「栄養状態の改善」を最優先すべきです。先進国では栄養失調はないことになっていますが、実はほぼ全員、栄養失調です。私も栄養改善するまではそうでした。

ここで多くの女性は思うはずです。「私は食事に気を付けている。それでもニキビは良くならない」と。「食事に気を付けている大人の女性」の食事は多くの場合「野菜中心」「動物製品は避ける」「脂っこいものは避ける」「玄米採食」「少食・粗食」な場合がほとんど。これではニキビは良くならないです。

もしいま挙げた食事が当てはまる大人の女性は今すぐに食事を見直すことをおすすめします。

これではニキビが良くなるどころか、肌は衰え筋肉は落ち、どんどん老け込み、美しさや健康から遠ざかっていくでしょう。そして将来的な病気の予備軍となってしまいます。これはニキビ以上に恐ろしいこと。

私が大人ニキビを良くした食事

私自身が実践している食事方法は糖質制限食、MEC食、オーソモレキュラー、三石理論などを自分なりに咀嚼していいとこどりしたような感じになっています。

考えのベースにあるのが「低糖質・高たんぱく質・高脂質」です。それを土台に適宜ミネラル・ビタミンを追加していくという感じ。

これは一見、今までの「ヘルシーの常識」とは全く違うものです。今現在、「ヘルシー」に関するパラダイムシフトが起こっています。「野菜中心」は身体を壊すし、「油を避ける」では肌はボロボロになります。ニキビケアを本気で考えるなら、今までの「ヘルシー」の概念をいったんリセットしてフラットな気持ちで以下を読んでいただくことをおすすめします。

ちなみに、私の食事方法を最近同僚の医師たちにおすすめしたところ、みなさん興味をもち早速実践して様々な効果を発揮しています。「実践して3日しかたってないのに、脚が浮腫まなくなった!」「3週間実践して肌がきれいになったと言われるようになった!」とのこと。そして「目から鱗」だったと口をそろえて言います。医師が実践してくれるのはとてもうれしい!医師が効果を実感することで患者さんに食事指導ができ正しい食事が世の中に広まる可能性が高まるからです。

では「低糖質・高たんぱく質・高脂質」について、なぜ大人のニキビケアにおすすめできるか解説します。

高たんぱく質

ニキビケアにおいて何よりも大切な栄養素がたんぱく質です。たんぱく質はニキビケアだけではなくすべて人間にとって大切です。たんぱく質=プロテインは「第一の」という意味があります。絶対に欠かしてはいけない食べ物。

人間は「たんぱく質」でできているといっても過言ではありません。根拠は明確。それは人間の「設計図」である「遺伝子」に書かれているのは「アミノ酸(=たんぱく質)の配列」のみです。つまり人間とは「アミノ酸」の表現型といえるでしょう。

「設計図=遺伝子」通りに人間が出来上がるには材料の「たんぱく質」が不可欠です。たんぱく質が不足すると様々な不調が出てきます。たんぱく質不足の不調はその人の持つ「脆弱性」に現れます。例えばニキビができやすい体質の人はニキビができてしまう、といった感じ。そもそも身体の他の部分にたんぱく質が供給され、皮膚は後回しにされがち。裏を返せば、しっかりたんぱく質を摂取すると目に見えて肌の調子が良くなります。

ではどの程度たんぱく質を摂るのがおすすめか?三石理論によると健康な大人でそれはプロテインスコア(たんぱく質の良質度の指標)換算で体重(g)。私は、ニキビケアにはこれは最低ラインだと思います。大人ニキビができやすい人は遺伝子上「肌が脆弱」。そもそも肌までたんぱく質が届くのは優先順位が低くできているため、ニキビケアには普通の大人より多くのたんぱく質が必要と考えるのが妥当でしょう。実際、私はものすごくニキビができやすい「体質」なわけですが、十分にたんぱく質を摂らないとニキビができてしまいます。

目標は体重×1.5(g)以上にしています。できれば体重の2倍(g)。

例えば50kgの大人×1.5(g)=75gのたんぱく質はどのくらいかというと、

肉200g+卵3個+チーズ120g(MEC食)に相当します。

どうでしょうか?1日にこれだけたんぱく質を摂れていますか??ほとんどの人はとれていないと思います。「普通の食事」では無理ですよね。ニキビケア化粧品を買う前に、まずはたんぱく質を食べることをおすすめしたいです。

高脂質

ニキビケアに「油をたくさん食べるのはNG」が今までの常識です。実はこれは間違いです。脂質は人体にとって必要不可欠な栄養素。必須脂肪酸は人体で合成できません。食事で摂取が必要です。脂質は細胞膜の材料です!肌の細胞もしかり。さらには性ホルモンの材料です。ホルモンバランスが崩れると大人ニキビができやすくなるので、そのためにも脂質の十分量摂取は不可欠です。それに脂肪は食べすぎても水と二酸化炭素になって排泄されるんですよ。

ラードやバターなど動物性の脂肪がおすすめです。マーガリンなどのトランス脂肪酸は避けましょう。

低糖質

いわゆる糖質制限ですね。糖質制限するだけでニキビやアトピーなどの炎症性皮膚疾患の改善は有名な話です。糖化・高インスリン血症・血糖値の乱高下などがなくなり大人ニキビだけでなく様々な体の不調が改善すると言われています。糖質はビタミンB群を消耗します。糖質を控えるだけでビタミンの消耗が抑えられます。

私はほかの人に食事方法を進めるときは、まずMEC食をおすすめしています。

MEC食とは簡単に言うと肉200g+卵3個+チーズ120gを30回噛んで食べる方法です。

MEC食だと「高たんぱく質・高脂質・低糖質」な食事になります。そのうえビタミン・ミネラルもおおむね私の同僚の医師たちにおすすめしたのもMEC食です。まずは1か月続けてみることをおすすめします。個人差はありますが1か月くらいあれば、大人ニキビ肌に何らかの変化が出てくる可能性が高いです。ニキビケア商品を買うくらいなら、まずはMEC食を試すことをおすすめします。

ニキビケアにおける鉄の重要性

日本人女性のほぼ全員が隠れ貧血=鉄不足です。これは厚労省も統計を公表しています。貧血がなくても貯蔵鉄不足。医療機関で「フェリチン」を測ってもらうことをおすすめします。「鉄」は様々な代謝にかかわっています。コラーゲンというとビタミンCを連想しがちですが、実は「鉄」もコラーゲンの生成に深く関わっています。MEC食でかなり鉄分はとれますが、あまりにも鉄不足がひどいと追い付かないことが多いです。大人ニキビができやすい女性はサプリメントなどの鉄補給で「鉄不足」を解消するとニキビが良くなる可能性があります。私も鉄不足があったので、鉄剤を内服しています。いまだいぶ貯蔵鉄の指標=フェリチンが改善してきました。フェリチンは100以上を目標にしています。

ビタミンの話

MEC食によりビタミンの摂取量もだいぶ改善されますが、大人ニキビができやすい人は、できにくい人に比べて、ビタミンC、E、B、Aなどを多く要求することがあります。私はこれらをサプリメントで摂取しています。大人ニキビが良くならない場合はこれらのサプリメントの摂取で改善するかもしれません。

スキンケアは超シンプルがおすすめ

私はニキビケア化粧品は使いません。健康な肌を作るにはできるだけ「洗浄しない・保湿しない」ある意味「ケアしすぎない」ことが重要だと考えています。肌が健康だと天然の保湿因子が適切に分泌されます。朝は水洗顔、夜に固形石鹸で洗顔してビタミンC(APPS)+ビタミンEオイル+ラードを薄く塗るだけ。肌の状態によっては洗顔を控えたり保湿を控えたりします。

まとめ

大人のニキビケア おすすめ

・ニキビケア化粧品を検討するよりまずはインナーケアをすることがおすすめ

・インナーケアはまず食事の改善が第一。「高たんぱく質・高脂質・低糖質」が手軽に実践できるMEC食がまずはおすすめ。

・日本人女性の多くは「隠れ貧血」「鉄不足」。鉄は肌を作るのに欠かせないため、鉄の補給を心掛けよう。

・ビタミンC、B、E、Aはニキビケアに効果的。

・スキンケアはシンプルにするのがおすすめ。

こちらの記事もおすすめです→女医が選んだニキビケアのためのプチプラ化粧水!おすすめの市販の安い化粧水3つ

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪