女医が選んだニキビケアのためのプチプラ化粧水!おすすめの市販の安い化粧水3つ

市販の安いプチプラ化粧水の中でもニキビケアに良いものはあります。私は安いものから美容皮膚科でしか手に入らないような高いものまでいろいろ試してきました。実はそんな私は今、化粧水が必要なくなりました!おすすめできる市販の化粧水3つと、もっとも安い(笑)「脱・化粧水」する方法をご紹介します!

 

ニキビケアには「保湿」が常識と思っていませんか?

ニキビができているとき、肌はとても敏感になっています。もしくはニキビができやすい人の肌は敏感です。ニキビケアには敏感な肌を強い健康な肌にすることがとても重要です。

市販の化粧水を選ぶ時も、そのことを意識するべきです。

でも、そもそも「ニキビケアには保湿」という「常識」が世の中にはあります。皮膚科の先生も99%以上が「保湿が大切」というでしょう。でもこれって本当でしょうか?

私は以前、市販では売っていない「ヒアルロン酸入り」「セラミド入り」などのトロトロ系の化粧水(決して安いとは言えない!)を使って「保湿」いましたが、おすすめできません。今は保湿のし過ぎはニキビケアには良くない、と思っています。

女性はみんな「保湿依存症」!?

私が化粧水を辞めようと思ったのはアトピー治療で有名な藤澤医師の考えを知ってからです。

藤澤医師は「風呂に入るな・石鹸を使うな・保湿をするな」とアトピーの患者さんに「脱保湿」をおすすめしています。現代人、特にほとんどの女性は化粧水だ、乳液だと保湿をしすぎで保湿依存症になっているというのです。保湿をすることで天然の保湿因子が分泌されなくなってしまうのだそうです。その結果化粧水などの保湿剤が手放せなくなってしまう…。

私はこの考えに触れてとても衝撃でした。目から鱗が落ちるってやつです。いままで皮膚科の世界では「保湿」は当然だったわけです。ところが保湿のし過ぎで本来の肌機能が低下してしまう。すごく自然で納得のいく話です。これは当然アトピー患者だけではなくニキビケアにも言えることです。美肌を目指す方も保湿のし過ぎは見直すべきでしょう。

また、「化粧水」という自己にとって「異物」を肌に塗りつけることにより当然肌は刺激を受け過敏になってしまいます。時には接触性皮膚炎も引き起こされてしまいます。将来的な汚肌へつながっていくわけです…。

おすすめは「シンプルな成分」「保湿しすぎない」市販の化粧水へシフトすること

ニキビケアで市販の安い・プチプラ化粧水は?

化粧水を辞めよう!と決意したとしても、突然やめると「保湿依存症」だった場合は大変なことになります。肌がバリバリ・ぱさぱさになってしまうわけです。私は今でこそ脱・化粧水できたのですが、いきなりやめたのではなく、徐々に辞めました。

高価なトロトロ系の化粧水から「成分がシンプル」「保湿しすぎない」市販のプチプラ化粧水へまず半年くらいシフトしました。すると「肌がそろそろ化粧水なくても大丈夫そう」な感じになってきたのがわかったんです。そこで化粧水を辞めました。この期間は人それぞれかもしれません。

安い市販の化粧水でも探せば低刺激のものがあるんですよ。私がおすすめする「成分がシンプル」「保湿しすぎない」化粧水は製造にコストがかからないはず!だから市販の安いプチプラ化粧水でもおすすめできるものはあるんです。

 

市販のプチプラ化粧水 おすすめ3つ

私が使ってみて特におすすめできるものを3つピックアップしました。安いのに優秀な化粧水たちです。

天使の美肌水(さっぱりタイプ)

市販・安い!超シンプル!プチプラ化粧水で刺激が少なくニキビケアにおすすめ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天使の美肌水 さっぱり(310mL)【天使の美肌】[化粧水 スキンケア]
価格:734円(税込、送料別) (2017/5/15時点)

 

なんと成分が尿素とグリセリンだけ!の超シンプルです。防腐剤・香料・着色料が無添加。

尿素は天然保湿因子の一つです。もともと人間の体内に存在し「異物ではない」のもポイント高いです。だからアレルギーがある人も安心して使えます。

310mlと容量も大きく値段も安いため惜しみなく全身にバシャバシャと使えます。

使い心地は?

かなりサッパリしています。いままで高保湿タイプのトロトロ系化粧水を使い慣れている人には物足りないかもしれません。その場合は「さっぱりタイプ」ではなく「超しっとりタイプ」「しっとりタイプ」から使ってみるといいかも。

 

値段:734円

容量:310ml(レギュラーサイズ)

成分:水、グリセリン、尿素

 

 

「しっとりタイプ」(734円)

成分「尿素・グリセリン」のみ。これも、だいぶさっぱりしていますね。安い!

「超しっとりタイプ」(820円)

成分「尿素・ヒアルロン酸・グリセリン」とヒアルロン酸が追加されています。使い心地は程よく潤ってくれていい感じ!です。ヒアルロン酸は眼球・関節などに含まれています。私は手術で眼球に入れるヒアルロン酸を肌に塗ったことがありますが(手術で余ったものを使用)、かなり肌がすべすべになり、驚異的な保湿力があります。これもアレルギーや敏感肌のケアにも使いやすいですね。市販で安くプチプラで優秀です。

 

無印良品 敏感肌用 高保湿

市販・安い!ニキビケアに使える低刺激なプチプラ化粧水の代表の一つだと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ200ml
価格:864円(税込、送料別) (2017/5/15時点)

 

ヒアルロン酸が配合され、無香料・無着色・無鉱物油、パラペンフリー、アルコールフリーです。アレルギーテスト済み。

使い心地は?

「天使の美肌水」よりも成分が多い分、さっぱり感が少なく潤いを肌の増してくれる感じです。トロトロ系の化粧水に慣れている人は、まずは無印のこの商品が安いし使いやすいかと思います。私はあまり違和感なくこちらの化粧水を使えました。私はニキビ+敏感肌でしたが、これだけ安い市販の化粧水でピリピリなどの刺激なく使える化粧水は私にとっては珍しいです。無印の店舗でもネットでもプチプラで手に入りやすくおすすめです。

値段:700円

容量:200ml

成分:水、DPG、グリセリン、PEG-32、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グレープフルーツ種子エキス、ポリクオタニウム-51、スベリヒユエキス、BG、フェノキシエタノール、PCA-Na、クエン酸Na、クエン酸

ラロッシュ ポゼ ターマルウォーター

@cosmeのミスト状化粧水部門で第1位!のターマルウォーター。

プチプラでニキビケアに長年愛用してきました。多くの皮膚科で取り扱っていますが、今は市販でも購入できるようになりました。皮膚科医が薦める化粧水の中では安い。プチプラです。

プレ化粧水として使うのがメインですが、日中の感想対策や化粧直しにシュッと振りかけても効果的。敏感肌にも赤ちゃんにも全身に使えます。

正体はフランス中西部のラロッシュポゼ村の湧水をボトリングしたもの。セレンを始めとした希少なミネラルが肌を整える作用があるようです。

使い心地は?

きめ細かいミストがふんわり心地よいです。スプレーなので背中のニキビケアにも使いやすいです。炎症を鎮めてくれるような感覚。肌がふんわり柔らかく仕上がります。お値段も1080円とプチプラで皮膚科医の進める化粧水の中では安いですね。大きいサイズもありますが50gタイプは持ち運びに便利。

 

値段:1080円

容量:50g

成分:ラロッシュポゼ村の湧水

 

容量のわりに安いのは300mlの大きめサイズ。全身たっぷり使えます。ほとんど50mlと変わらない安さでお得↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ラロッシュポゼ】 ターマルウォーター 300ml (300g)[4403]
価格:1238円(税込、送料別) (2017/5/15時点)

 

 

今の私のスキンケア

私は上記の市販の安い化粧水で、最終的に脱・化粧水ができました。つまり今は化粧水を使っていません。どんなプチプラ化粧水より「化粧水を使わないこと」が一番安いです(笑)。

今の肌の調子

私史上最高です!

もともとニキビだらけの脂性肌なのでまだまだ美肌とはいいがたいかもしれませんが、「肌がきれい」と言われることも増えてきました。

ニキビだらけの時は自分の肌が「きれい」などとお世辞でも言われることはなかったので、私にとってはすごいことなんです。

化粧水を辞めることができて、肌はもともと健康になろうとする力を備えている事を実感しました。余計な保湿をしないことで肌の本来の力を引き出すことができているという感覚。

今まで高い化粧水やケアにかけてきたお金と時間は何だったの?っていう感じ。

 

私の現在のスキンケア

 

今の基本的なコンセプトは

・保湿しすぎない

・低刺激

・スキンケアもメガビタミン

です。しかも安い。

 

水洗顔→状態に応じてラード+ビタミンEオイルを薄く塗る

 

石鹸洗顔(1回だけ)

→ビタミンC(APPS)の美容液

→ラード+ビタミンEオイル

 

<解説>

・シンプル洗顔で肌への刺激を最小限に

・固形石鹸が洗顔にはベストです。牛乳石鹸を愛用。安い!

・化粧は最小限、石鹸で落ちる低刺激のものを利用。

・日焼け止めは平日は使っていない。レジャーの時のみ。

・美容液は保湿目的ではなくビタミンCを肌に補給するため。口からとったビタミンCは肌に到達するまでに大部分消費されてしまう。よって美容液で肌に直接送り届けたほうがいいと考えています。ビタミンCは肌のアンチエイジングには欠かせません。活性酸素を除去し炎症を鎮めシミ・皺・たるみにも効果的。

・ラードは人間の皮脂と同様の脂肪酸が多く含まれており、人間の皮脂に近いです。食べられるものだから肌に塗っても安心。しかも安い。無臭でさらりと塗れます。石鹸でとってしまった油分をプラスする目的。

・ビタミンEオイルも活性酸素を除去する作用が強く、ビタミンCとの組み合わせでさらに力を発揮します。脂溶性ビタミンなので肌から吸収されます。値段も安いですが、アメリカから個人輸入する必要があります。

まとめ

市販・安い・プチプラ化粧水 ニキビケア

・ニキビケアには健康な肌を育てることが大切。

・保湿のし過ぎは肌の機能低下につながる。

・市販の安いプチプラ化粧水も有効なものがある。「シンプルな成分」「保湿しすぎない」タイプの化粧水がおすすめ。

こちらの記事もおすすめです→【女医が解説】ニキビに乳液は必要ない!効果なし。

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪