口周りのニキビを治す方法。大人ニキビだって良くなる!

大人ニキビに多いとされる口周りのニキビ。ストレス、ホルモンの乱れや生理前等々原因は様々と言われています。大人になっても繰り返しニキビができるのは身体の不調のサイン。口周りのニキビを繰り返さないためには栄養改善が効果的です。女医の私が自ら検証済みの、内側からの栄養アプローチで口周りのニキビを治す方法をご紹介します。

 

どうして口周りのニキビができるの?

 

大人ニキビはフェイスラインや口周りに多い傾向があります。

 

私も大人になってからはTゾーンより口周りやフェイスラインのニキビに悩まされていました。

 

 

・生理前・生理中

・ホルモンの乱れ

・ストレス

・生活習慣の乱れ

 

などが口周りのニキビの原因としてよく言われることです。

 

ニキビができやすい体質の人はこれらの複合的な要因で口周りにニキビができてしまいます。

一方で生理前でもストレスがあっても飲みすぎても口周りにニキビができない人はたくさんいるわけですから、世の中不平等ですよね。

私より明らかに不摂生な生活をしている人がなんでニキビ出来ないの?!

ってよく思っていました。

 

そんな私も、今は口周りのニキビはほとんどできなくなりました。

寝不足やストレスが続いたときにプツッとできることがあるくらい。

 

口周りのニキビを治す方法!

大人の口周りのニキビの原因に栄養でアプローチして内側からニキビを治す方法をお伝えします。

 

 「バランスの良い食事」ではニキビは良くならない?!

よく言われる、「口周りのニキビを治すにはバランスの良い食事が重要」っていう話。

一見正しそうですが、そもそもこれが間違っています。

いわゆる「バランスの良い食事」では口周りのニキビは良くなりません。

「低カロリー」「野菜中心」「植物性たんぱく質」「スムージー」などの食事をしている人も要注意です。

それらの食事が口周りのニキビの原因になっている可能性があります。

 

厚労省のいう「バランスの良い食事」とは

炭水化物:脂質:たんぱく質=6:2:2

の食事です。

 

この食事では実は全然栄養が満たされない上に、炭水化物(糖質)が過剰になってしまいます。

この炭水化物:脂質:たんぱく質=6:2:2

には実は健康にいいという科学的根拠はないです。

 

栄養が満たされないと体に様々な不調が表れます。

当然ニキビができやすい人は大人になっても口周りなどにニキビができてしまうのです。

 

今までの「ヘルシー」「バランスの良い食事」という間違った方法をまずは捨てましょう!!

 

鉄・たんぱく質不足の解消を!

 

口周りのニキビができやすい意外にこんな症状はありませんか?

 

イライラ・冷え性・偏頭痛、立ちくらみ、めまい、朝起きるのが苦手、集中力がない…など。

 

これは「貧血」や「隠れ貧血」の症状です。つまり鉄不足。

 

日本人の女性のほとんどはいわゆる「隠れ貧血」=「潜在性鉄欠乏」です。

これは厚生労働省のデータでも明らかです。

 

貯蔵鉄の指標「フェリチン」が100以下だとアメリカでは「潜在性鉄欠乏」で治療対象なのだそうですが、国策で小麦に鉄を添加しているうえお肉をたくさん食べる国民性からほとんど「潜在性鉄欠乏」はないといいます。

 

ところが日本人女性は月経がある年代だとほとんどが80以下で100を超える人は皆無。

なぜか日本では鉄欠乏が軽視されがちです。

 

鉄は実は皮膚の代謝に深く関与しています。

鉄欠乏があると肌荒れしやすくなり、当然ニキビができやすくなります。

 

思春期にニキビができやすい理由の一つにも鉄不足が関与しています。

思春期の急な成長に鉄の補給が追い付かないのです。

 

思春期をすぎて大人になっても女性は「ヘルシー」「低カロリー」「ダイエット」などにより鉄不足が解消されないどころか悪化します。

 

鉄不足を治す方法は鉄分を多く含む食べ物を食べるだけではだめで、たんぱく質を同時に積極的に摂取する必要があります。

血液成分のヘモグロビンもフェリチンも鉄+たんぱく質ですから。

鉄剤だけ飲んでも貧血が改善しない人がいますが、多くはたんぱく質が不足しているからです。

 

たんぱく質不足は皮膚に当然影響します。

皮膚の材料のたんぱく質をしっかりとらないと当然ニキビはできやすくなります。

逆に言えばたんぱく質を十分に摂取し、栄養を整えて強い肌を作ればニキビはできにくくなります。

 

口周りのニキビを治すため鉄・たんぱく質の補給に肉・卵・チーズなどの動物性たんぱく質を毎日たくさん食べましょう!

「動物性たんぱく質はニキビに悪い」は間違っています。

「卵1日1個まで」も間違っています。2-3個は食べましょう。

 

糖質制限をしてニキビを治す

糖質制限ニキビ、アトピーなどの炎症性皮膚疾患に対して効果絶大な方法です。

口周りのニキビができるとき、糖質をたくさん食べていた、なんてことはよくあることです。

ここで勘違いしてはいけないことが糖質は「甘いもの」だけではないこと。

ごはん、パン、パスタ、スナック菓子も糖質です。

糖質過剰により高血糖・高インスリン血症が引き起こされ炎症が起きやすくなります。

糖質は代謝の過程でビタミンB群やミネラルを大量に消費してしまいます。ビタミンB群は肌にとってとても大事なビタミン。

皮膚科に行くとビタミン剤などが処方されますが、糖質を摂っていては効果半減以下と心得てください。

 

口周りのニキビを治すのにまずは糖質制限を徹底してみてはいかがでしょうか。

1食20g以下、1日60g以下がおすすめ。

 

「脂質」でホルモンのバランスを整えよう

 

ところで口周りニキビができやすいだけでなく、生理の悩みを抱えていませんか?

 

例えば

・生理の量が多い(夜用ナプキンを昼にも使い何度も交換する)

・生理痛が激しい

・生理前に気持ちが不安定になる・イライラする

 

等の悩みです。

 

私も長らく月経過多や生理痛で悩んでいました。

そして生理前にニキビができやすかったです。

 

おそらくそのような女性はホルモンのバランスに問題があるはずです。

ホルモンのバランスが崩れると口周りのニキビはできやすくなります。

 

ではホルモンのバランスを整える方法についてですが、脂質はホルモンの原料になることはご存知でしょうか?

脂質はホルモン以外でも細胞膜の材料となる重要な物質です。

人間が体内で合成できない「必須脂肪酸」は食事から摂取するしかありません。良質な脂質を十分量摂る必要があります。

 

これまで脂質は悪者扱いされてきました。その影響で女性の多くは「脂質は身体に悪い」と考えているようです。

残念ながら「脂質の摂りすぎは良くない」と間違った方法を指導している医者も多くいます。

皮膚科医も何の根拠もなく「脂肪はニキビを悪化させる」などといいます。

 

現代人は圧倒的に脂質不足です!

 

ホルモンの材料となる脂質が十分になければホルモンのバランスが整うなどということはあり得ません!

おすすめは動物性の脂質をたっぷりとること。

肉・卵・チーズは動物性の脂質を豊富に含むので、やはり積極的に摂取しましょう。

お肉の脂身は残さないで食べるようにしましょう!

 

大丈夫、過剰摂取の心配はいりません。

脂肪を摂ったからといってオイリースキンが悪化することもなく、むしろ改善します。その結果ニキビも治りやすくなります。

過剰な脂肪は身体にたまらず水と二酸化炭素になって排泄されます。

便秘も解消されますよ。

(このように伝えても多くの女性は脂質を怖がってたくさん取ることができない人が多いです…。古いパラダイムがぬぐえないのでしょう)

 

バターやラードをたっぷり汁物に入れて飲むのもおすすめの方法ですよ。

 

サプリメントでホルモンのバランスを整える方法

 

ホルモンの原料となる十分な脂質を摂取したうえで、さらにサプリメントを摂るとなおさら効果的。

 

性ホルモンのバランスを整えるのに最も重要なサプリメントはビタミンEです。

ビタミンEを食事からだけで摂取するのはほぼ不可能です。

例えばビタミンE豊富なアーモンドを毎日大量に食べるのは難しいですよね。

 

コレステロールが黄体ホルモンに変化して、そこから男性ホルモンと女性ホルモンが作られます。

このコレステロールが黄体ホルモンに変化するときに必要なのがビタミンEです。

ビタミンEが不足していてはホルモンバランスが崩れて当然なのです。

 

そういうわけでビタミンEによりホルモンバランスを治すと口周りのニキビだけでなく生理の異常や不妊症さえ治すことができる可能性があります。

 

現に私はビタミンEの服用でずっと悩みだった月経痛や月経過多がなくなりました!

 

量は400IU~800IUの摂取がおすすめ。

日本ではこの高容量はないので私はiherbで個人輸入しています。

 

そのほか、皮膚やたんぱく質の代謝に関与するビタミンC、ビタミンB、ビタミンA

の補給も口周りのニキビを治すのに重要です。

 

まとめ

口周りのニキビを治す方法

★女性は鉄たんぱく質不足。しっかり肉・卵・チーズを食べて不調を治す。

★糖質制限がおすすめ。

★ホルモンの原料の脂質をしっかり食べよう。

★ビタミンEでホルモンのバランスを整えて口周りのニキビを治す!

こちらの記事もおすすめです→ニキビケア化粧品に注意!大人ニキビを根本的に治す、おすすめの方法。

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪