ビタミンC500㎎でほとんど何の変化もなく、大量摂取したところ…。

 

私はビタミンC大量摂取をするに至る前はビタミンC500㎎程度のカプセルと毎日1錠、数か月にわたり飲んでいました。

そもそもビタミンC500㎎のカプセルを飲むに至ったきっかけは、MEC食を意識して取り入れるようにしてからです。

MEC食とは沖縄の渡辺医師が提唱する食事の方法で、毎日「肉・卵・チーズを30回噛んで食べる」というものです。

肉・卵・チーズをベース量食べると、多くの必須栄養素はおおむね満たされるのですが、ビタミンCが不足してしまいます。

なので、MEC食ではビタミンCを補うために糖質の少なめな葉野菜などを一緒にとることが推奨されています。

ところが葉野菜がなかなか十分量食べることができない日もあり…。

そこでビタミンCは水溶性なので過剰摂取の心配もいらないのでサプリメントでとることにしました。

MEC食+ビタミンCサプリメントで完ぺきではないにしてもかなりの栄養素が満たされる計算。

当然、肉卵チーズ以外も食べるわけなので、かなり厚労省が推奨する栄養素の値に近くなります(そもそも厚労省の推奨基準が正しいのかという問題はさておき)。

ビタミンC500㎎を数か月続けて、その効果は?

実は効果については実感できるものは特になかったです。

とはいえ体調は良好でした。

ビタミンCを補完することで体調を保っていたのかもしれません。

劇的に体調が変化するほどの効果はないにしても、体調を保つための役割は果たせていたのでしょう。

しかし後にビタミンCの大量摂取により様々な効果が期待できることを知り、量を3-4gに増やしてみることにしました。

というかビタミンCの大量摂取の効果があまりに多く、副作用はほとんどないことを知り「やらなきゃ損!」と思い早速始めてみました。

するとビタミンC500㎎→3~4gに増量して劇的な変化があらわれました!

それは「肌がきれいになった」こと。

私は肌が弱くてニキビもできやすく、肌の悩みを抱えています。

MEC食だけでも相当肌の状態は改善したのですが、ビタミンCの大量摂取を始めたところ、

トーンが明るくなり透明感がでて、つやが増し、すべすべするようになりました!

皮膚科の先生に以前、「経口摂取したビタミンCは肌まで回ることなく体内で消耗してしまう」という話を聞いたことがあります。

まあ、だから値段の高い「ビタミンCが入ったローション」を薦められていたわけですが…。

その理屈が正しいとするならば、大量摂取することにより肌に充分なビタミンCが供給され効果を発揮したと考えられます。

そして、ひとつの臓器である「肌」がよくなったのであれば、ほかの臓器の改善もあると期待できます。

ビタミンC500㎎のカプセル飲んでいるけど、なんの変化もなーいっていう方がいらっしゃれば、グラム単位で大量摂取してみるのもいいかもしれません。
(※自己責任でお願いします)



ページトップ