ナイアシンフラッシュで寒気。ナイアシン服用2日目。

 

昨日の夜、ナイアシンを服用しました。

服用開始して2日目です。

昨夜も1日目同様、約300㎎程度を内服しました。

1日目は30分くらいでいわゆるナイアシンフラッシュが起きました。

耳から始まり顔面そして腕・脚にかけて紅潮していき、痒くなりました。

300㎎でナイアシンフラッシュが起きたので2日目も増量せず300㎎の服用としました。

(健常人であれば100㎎から始めるのが適正なようです。50㎎でもナイアシンフラッシュを起こす人がいます)

ナイアシン摂取2日目に起きたナイアシンフラッシュの経過

19:30 ナイアシン300㎎服用
19:50 耳が紅潮し熱感を生じる
20:00 顔・首にかけて紅潮・熱感・掻痒感
20:15 全身にかけて紅潮・熱感・掻痒感
20:30 悪寒、がたがた震えだす
20:40 あまりの寒気にお風呂に入ることとする
21:00 紅潮・熱感・掻痒感・悪寒すべて落ち着く

以上が2日目のナイアシンフラッシュの経過です。

フラッシュ後はやはり肌がつるつるになっていました。今朝もやはりつるつるのままです。透明感が増しています!

調べてみると、やはり肌の状態を改善する作用があるようです。

これはうれしい作用です。

そして昨晩もよく眠れました。

赤ちゃんがいるので、泣き声で起こされることはあるものの、なんというか「久しぶりに深く眠れた」という熟睡感があるんです。

これがナイアシンフラッシュ後のものなのか。ナイアシンそのものの作用なのか。わかりません。

この辺は服用を継続してみて、フラッシュが起きなくなっても熟睡感が続けばナイアシンそのものの作用というのが妥当となるでしょう。

そして1日目との違いは悪寒が起きたことでしょうか。

この悪寒が結構しんどかったです。

インフルエンザに罹ったときのような寒気、奥歯がガチガチ震えていました。

これは「血管拡張したー」っていうサインのようです。

ナイアシンフラッシュそのものやフラッシュが収まるときがが爽快という人もいるみたいですが、今のところ私は爽快な感じは全くしません。

むしろこんな症状が続いたら嫌だな、と思います。

特に悪寒はしんどかった。。。

フラッシュ目的でナイアシンを飲むという人もいるようですが、まったく危険がないとは言い切れないので、あえてフラッシュを起こしたいとは思っていません。

今日の夜でナイアシン内服3日目になります。

今日も300㎎で試してみようと思います。

ナイアシンフラッシュが起きなくなるまで同容量で継続していくつもりです。

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 医師としてフルタイムで勤務しながら子育てをしている。 夫・1歳の子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に糖質制限を自ら実践中。 診療にも糖質制限の指導を取り入れ成果をあげている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。 子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪