ナイアシンフラッシュがおきた!感想。

ナイアシンに興味があり、ナイアシンサプリを飲んでみることにしました。

ナイアシンを飲むことにした経緯

出産後から慢性蕁麻疹が続いており、抗ヒスタミン薬を飲み続けてきました。

栄養で改善できるのではないか?と考えているときに、たまたま読んでいた栄養療法の本でビタミンの大量投与でアレルギーが改善するという話を読み、早速ビタミンB群のサプリメントを規定量の3倍飲んでみました。(ビタミンB群は水溶性であり、基本的に過剰な分は排泄される。規定以上の摂取はあくまで個人の判断。)

すると蕁麻疹が起きにくくなり、しかも肌がすべすべになってきたのです!

俄然、ビタミンB群に興味がわき、いろいろ調べてみるとビタミンB3=ナイアシンがアレルギーに対して効果があるという記述を見つけ、試してみよう!思ったのがきっかけです。

ところが日本にはナイアシンのサプリメントはないのが現状。

ナイアシンを試したければアメリカのサプリメントを自己輸入するしかありません。

そこでamazonで適当に(笑)アメリカのナイアシン500㎎のサプリメントを選んで個人購入してみました。

届いたので早速飲んでみることに。

いろいろ調べてみるとナイアシンフラッシュが3-4日続いた!という人もいるようだったので、まずは少ない量から無難に始めようと思い500㎎のカプセルの中身を2/3くらいに減らして試してみることに。

大体300㎎くらいでしょうか。

本来なら100㎎くらいから始めるのが無難なのかもしれません。

300㎎でナイアシンフラッシュが起きた
飲んで30分ぐらいすると耳が熱く赤くなってきました。

次第に赤みと熱感じが顔全体へと広がっていき腕・脚もまだらに赤くかゆくなってきました。

60分ぐらい続いたでしょうか。

だんだん症状が落ち着いてきました。

300㎎の内服でそこそこナイアシンフラッシュが起きたので、500㎎飲んでいたらもっと派手に症状が出ていたのだと思います。

次の日仕事だったので、翌日までナイアシンフラッシュが持続していたら大変だったと思います。

300㎎にしておいてよかったです。

フラッシュ後は疲労感を感じるという人もいるみたいですが、私は特に何も感じませんでした。

特にすっきり感もなく。

ただその日の夜は久しぶりに熟睡できた感じがありました!

これはナイアシンのおかげなのか…。よくわかりませんが。

そして翌朝、肌のトーンが落ち着いているというか、透明感が増しているというか、なんとなく肌がきれいになっていました。

これもたまたまなのかわかりません。

しばらく300㎎で続けてみて、ナイアシンフラッシュが起きなくなったら増量してみようと思います。



ページトップ