産後うつ病に薬は必要か。授乳中に薬を飲んでも大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

前回の記事で書いた通り、産後うつ病は発症率が高く、誰にでも起こりうる病気です。

ではもし産後うつ病になった場合、薬が必要かどうか気になるところですよね。

特に授乳中だと、赤ちゃんへの薬の影響はどうなのか、お母さんは心配になることでしょう。

結論から言うと、産後うつ病の際、薬が必要かどうかはケースバイ・ケースです。

というのは、「授乳中でも絶対に赤ちゃんに影響ありません!!」

という薬はないからです。

お薬の添付文書を見ると、たいてい

「禁授乳」で「治療上の有益性が危険を上回る場合のみ」という難しい表現がされているからです。

どっちなの?!という感じですよね…。

2fad00c3409a8d2be041c46b94ab84a2_s

 

○薬を使わない場合

うつ症状が改善しないor悪化が懸念される。

そのことにより、衝動行為、自殺、育児能力の低下、母子間の愛着への影響、家庭内人間関係悪化

などの危険性が生じる。

 

○薬を使った場合

お母さんの症状改善は見込めるが、乳幼児への薬物リスクが増大する。

また、母乳育児を断念することによるデメリットが増大する。

 

 

つまり、薬を使っても使わなくても母・子供に対するリスクがあります。

よって治療に伴うリスクとベネフィットのバランスが重要になってきますが

日本では産後うつ病に対する治療ガイドラインがありません!!

よって、個々の精神科医により方針が変わってきてしまうのが現状です…。

中には周産期の女性の診察を断る医師もいます。

精神科医は産後うつ病の経過や重症度、薬剤への反応性、過去の治療歴、家族歴、既往歴、副作用、性格、

本人・家族の薬物治療に対する希望などを考慮して総合的に判断します。

この辺の判断は精神科医によって分かれます。

概して、以前うつ病になったことがある人は、重症度が高くなることが多く

薬を使ったほうが良いことが多いです。

 

 

○母乳育児と抗うつ薬

日本ではガイドラインがないのですが、オーストラリアのガイドラインでは

母親が母乳育児を希望するならば、母乳から乳児への移行量が極めて少ない

SSRIという種類の抗うつ薬などの投与は禁忌ではないとしています。

SSRIにはパキシル、ジェイゾロフト、ルボックス、レキサプロなどの種類があります。

しかし、ここで注意が必要なのは、「母乳育児が負担になっていてうつ病を悪化させていることがある」

ということです。

うつ病の治療で重要なことの一つは「しっかり睡眠を確保すること」です!

夜間の頻回授乳などでお母さんがまとまった睡眠が確保できず、

一向に産後うつ病が良くならないこともあります。

そのような時は薬の母乳以降以前に、病気の治療としてせめて夜間だけでも

授乳をやめた方がいい場合があります。

ミルクだって赤ちゃんは元気に育ちます。

お母さん以外でもミルクならあげられますので、お母さんの休む時間が確保できます。

少しでも育児が楽になってお母さんが元気になったほうが

赤ちゃんの発育にも良いです。

まずはお母さんが元気になることが大切ですよ!

 

まとめると、

産後うつ病に対し、日本でガイドラインはなく、

お薬治療が必要かは重症度や本人の希望、精神科医の方針によってケースバイ・ケース。

母乳育児は必ずしも断念する必要はありませんが、母乳育児がストレスになっている場合は

混合栄養にするなどの対応も検討すべきです。

 

別の記事で、それぞれの抗うつ薬と乳児への以降の影響についても書いていこうと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪