今年のMyベスト家電。メデラ スイング 電動さく乳機!!

今年のベスト家電、いやベストな買い物は

ずばり、メデラ スイング 電動さく乳機です!
本当に買って良かった…。
結構なお値段しますが、値段以上の価値を発揮してくれました。

このメデラ スイングがなかったら
母乳育児はあきらめていたと思います!
素晴らしいものを販売しているメデラに感謝(涙)です。

うちの子は切迫早産で35週で生まれました。
そのため産後は私だけ早く退院して、子供は10日間ほど

長く入院していました。
その間、毎日3時間おきに搾乳をして

冷凍保存した母乳を病院にせっせと運びました!
そう、毎日3時間おきです…。

最低3時間おきに搾乳しないと、

母乳が出なくなってしまうよと助産師さんに言われ(涙)
夜中も目覚ましをセットしきっちり3時間おきに

搾乳を頑張っていたのでした。
これが、とってもキツかった…。
産後の体ががたがたな状態で3時間おきに搾乳するのは

かなりしんどい。

そして、3,4日ほどすると腱鞘炎に!!

搾乳するのに結構手に負担がかかるんです。
もう、手が動かない(涙)状態で

でも、このまま搾乳しなかったら母乳が出なくなって

母乳育児ができなくなっちゃう!と

涙していた私を見かねて

夫がメデラ スイングを買ってきてくれたのでした。
電動さく乳機はいくつかありますが

ネット上で最も評判が高かったのが

メデラ スイングだったそうで。

結構なお値段ですが

確実に搾乳できるらしいとのことで。
国産のメーカーのほうが安心なんじゃ?値段も安いし。

と思ったのですが、意外にも乳首の形によっては

うまく搾乳できないことがあるらしく!
そして手動の安い搾乳機もありますが

腱鞘炎の私には無理無理!!!
産後は腱鞘炎にそもそもなりやすいようで、

よほど搾乳の頻度が少ない方じゃなければ

手動はやめたほうがいいと思います。
手動を買うんだったら普通に自分の手で

搾乳すればいいんじゃないかな?

という気もします。

メデラ スイングがうちにやってきて、

早速使うと、

すごい!!ビュービュー絞れます。

楽…。手がほんとに楽!!

今まで頑張っていたのは何だったの??

っていうくらい楽で

超感動です!!!!!

吸引力も微調整できます。

ビュービュー母乳が出ているのが爽快(笑)。

メデラ スイングを買うのが1日でも遅かったら

腱鞘炎が痛すぎて

搾乳を続けるのをあきらめていたと思います。
こうして子供が入院中は無事に搾乳を続け、

母乳を届け続けることができました。
そして、子供は入院中に哺乳瓶に慣れてしまい、
退院後は乳首を吸うことができなくなっていました…。
最終的に訪問の助産師さんに母乳指導をしてもらえて、

赤ちゃんが1か月になるころにようやく

乳首に吸い付けるようになったのでした。
それまではずっと搾乳して哺乳瓶で飲ませていたので

やはりその1か月間はメデラ スイングが大活躍。
というか、メデラがなかったら搾乳は無理でした。

きっと母乳が出なくなりお手上げ状態になっていたことでしょう。
まとめ。

メデラ スイングのおかげで腱鞘炎に負けず

母乳育児ができた。
早産などでお子さんが継続入院しているママさん、

母乳育児の希望があれば
早めに電動さく乳機を買うことおすすめします!
ほかのメーカーは使っていないのでわかりませんが

メデラ スイングはコスト以上の効果を発揮してくれました。

ABOUTこの記事をかいた人

アラサー女医。 勤務医をしながら子育てをしている。 夫・子供と3人暮らし。 妊娠糖尿病を機に断糖肉食を自ら実践中。 診療にも栄養療法を取り入れている。 チャレンジ精神旺盛で常に何かに挑戦している。 趣味は読書・投資・旅行。子供の教育を兼ねて数年後の海外移住を計画中♪